皆さんどうもです!
オフ勢が続々とブログを更新していく中、全くオフに参加してない僕がブログを更新します((

さぁ毎度ブログを書くのが夜中であり、なおかつ遅くまでかかるため、前置きは割愛して本題に入りたいと思います。

ちなみにブログ名に深い意味はありません、適当に単語連ねてたらこうなりました。

それでは今回のパーティはこちら!

色キュウコン色クレセリア
色カイリュー色パルシェン
色ジバコイル色ローブシン


今回はパーティ全体としてでなく、キュウコンクレセの穴を埋めてくれる面子を組み込んでいきました。
あとはキュウコンクレセが毎回課題とする他天候への対策に関しても今回は割りと厚めに施していきました。
またそれは後述していきます、それでは個別解説です。

-------------------------------------------------------------------------------


・キュウコン@ほのおのジュエル

臆病

84-*-4-160-8-252

159-*-96-121-121-167

オーバーヒート/ソーラービーム/めざめるパワー地面/悪巧み


ゴリ押し式キュウコンクレセの記事のキュウコンと全く同じです。
オーバーヒートにすることで、一発の火力が底知れなくなった代わりに連打が効かないデメリットも生まれますが、そこは一長一短ってことで。
今回のパーティを見渡せば大文字でもいいのかもしれませんね、こいつはクレセドランを突破してくれればそれだけで十分役割を果たしたことになるので。
ダメージ計算については、前回の記事をご覧ください。

-------------------------------------------------------------------------------

・クレセリア@ゴツゴツメット

図太い

220-*-188-92-4-4

223-*-180-107-151-106

サイコキネシス/れいとうビーム/電磁波/月の光


これまた前回の記事と全く同じ個体を使っています。
実際に回してみて今回のパーティは割りとハッサムが重いため、めざ炎はあった方がいいなと痛感しました。
電磁波のように相手のSを下げつつ牽制していくことも両立したいのであれば、冷Bをこご風に変えるのも一理あるかなって思いました。その代わり、せっかく振ったC振りが無駄になるかもしれませんが・・・
これのダメージ計算も前回のを参考にしてみてください。

-------------------------------------------------------------------------------

・カイリュー@ドラゴンジュエル

いじっぱり

4-252-0-*-0-252

167-204-115-*-120-132

逆鱗/神速/地震/龍の舞


思考停止のASぶっぱカイリューです、安定して強い。
対雨ではかなり選出しやすいです。(グドラの眼鏡流星群耐えない
それ以外でも、カイリューがぶっぱしてれば勝てそうなパーティはそこそこあるので、選出率は高めです。
こいつのサブウエポンが地震な関係上、クレセはやはりめざ炎を持たせるべきであると考えさせられました。
ならこいつに炎拳を持たせればいいじゃないかと思うかもしれませんが、このパーティはクレセドランの有効打に乏しいため、どうしても地震は切りづらかったです。
対雨としての性能をもっと上げるのであれば、控えめグドラの眼鏡流星耐えまで耐久を確保するのもいいですが、今回は火力を削りたくなかったため、まぁ流星なんて打ってこんでしょW 読みでぶっぱしました。

-------------------------------------------------------------------------------

・パルシェン@ラムのみ

いじっぱり

220-252-0-*-0-36

153-161-200-*-65-95

氷柱針/ロックブラスト/氷の礫/殻を破る


カバドリラティへの回答としてラムを持たせてみました。役に立ったのはほんの数回です。
元々印パルとして使っていた個体の使い回しです^-^ このパーティがあまりにもガッサへの対策がないってことでラムを持たせたってのもあるんですが、結局は珠パルにしてバンギとかも破れば落とせるみたいな感じにすれば抜き性能上がるかなって考えてます。
マンムーやガブがいたらとりあえず出てくる可能性高いので、こいつで起点にして勝ちます。

-------------------------------------------------------------------------------

・ジバコイル@イバンのみ

控えめ

124-*-0-252-4-124

161-*-135-200-111-96

10万ボルト/めざめるパワー氷/ラスターカノン/ミラーコート


割りと通りのいい電気(特にボルトロスあたり)のストッパー。決して無効にできるわけではないので注意
今時気合球を持ってるボルトロスなんて少ないでしょ、っていう解釈でこの枠に決めました。
こいつのイバンっていうのは割りと読まれるものかなと思っていましたが、案外読まれずに1体狩ってしまうことが多かったので強い(確信
頑丈もあってか結構刺さる範囲が広いため、選出率はかなり高いです。
10万めざ氷ラスカはまぁ確定として、残りの1枠なんですが、今はミラコにしています。
それまでにマジックコートや電磁浮遊などを考えましたが、マジックコートは一番決めたいボルトロスがなかなか電磁波を打ってきてくれないためボツ、電磁浮遊も浮いたところでなんらメリットがないところからボツとなって消去法的にミラコになりました。ボルチェンでもいいかもしれませんが、いかんせんこのジバコSがあまり速くないもんでね・・・
頑丈ジバコは別にCSぶっぱで問題ないと思いますが、個人的にジバコにはある程度Hを振りたいと考えているので、今回はCぶっぱ、Sを4振り零度スイクン抜きまで振って残りをHに回す形にしました。
最後にもう一度言います、こいつ結構強いですよ?

-------------------------------------------------------------------------------

・ローブシン@気合の襷

いじっぱり

4-252-0-*-0-252

181-211-115-*-85-97

馬鹿力/マッハパンチ/冷凍パンチ/炎のパンチ


最近は意外な奴に襷を持たせるのが流行ってるみたいなのでこいつに持たせてみました。
役割としては本来勝てない相手である、ラティオスやキングドラなどに一矢報いることです。
キングドラは無振りなら馬鹿力+ -1マッパでぴったり落ちてくれます。

また、Sにぶっぱしているため本来抜かれているハッサムが蜻蛉を仕掛けてくるより先に炎拳で葬れます。

さらに雨のニョロトノにどれほどSが振られているか判断できるなど、本来与えられた役割以上のことをしてくれます。技構成的にゴーストにほとんど役割がもてませんが、このスペースだと岩雪崩も入れにくかったので、そこは最初から切っています。

あまり襷が働いたことはありませんが、安心して初手から選出していけるので使いやすいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

★やっぱりハッサムが重いです。そこは個体変更でなんとかなりそうなので早急に変更をかけようと思います。
 あと重いのを挙げるとしたら、シャンデラ、ウルガモスあたりの特殊炎とかですかね。
 このパーティもなるべく穴は埋めたつもりですが、まだまだ欠陥は多いです。
 それでも戦ってみると案外どうにかなったりするので、使ってて楽しいです。
 
 このパーティでのレートは最高で1770くらいまでいきました。(開始は1600くらい)
 勝率もこのパーティだけに限って言えば8割近くあるので、欠陥もどうにかなってることがわかります。

 だいぶ手抜きになってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーサイト

こんにちは!そろそろシーズン9も終わりですね。
自分なりの対面構築を考えて生放送中に潜っているのですが、結構詳細を聞かれることが多いため、ここに書き残しておこうと思います。
※ちなみにレート1700すらも乗っけていません。

今回のパーティは明らかに浮いてるメタグロスから組み始めました。
こいつがタイマン性能を持ちあわせているかどうかは使ってみたらよくわかります。
やはり種族値は正義、といったところでしょうか。
持ち前の耐久力を生かせば、単純に対面勝負だけでなく、受け出しもできてしまうのです。

残りの面子は対面構築を1回使ってみたかったことから、極度に重い奴を作りださないように埋めていきました。
しかしこれでもギャラドスが死ぬほど重いです。雨パの処理も割りと苦戦しますね。単純にトノグドラが強いってのもあると思うんですけどね。

それでは個別解説です。

色マンムー 色メタグロス
色ウルガモス色カイリュー
色キノガッサ 色スイクン


・マンムー@気合の襷

陽気

0-252-4-*-0-252

185-182-101-*-80-145

氷柱針/地震/氷の礫/ステルスロック


レート民スタンにも入ってくるレートでよく見るポケメタの筆頭、抜群のタイマン性能ですね。
最近のマンムーに多く見られるステロ持ちマンムーです。が、必ず巻かなければならないわけではありません。
私が考えるにマンムーのステロというのは有利対面で打つものではなくて、圧倒的不利対面でマンムーをどうしても切らなければならない時に撒くものだと思ってるので、有利対面では基本的には氷柱or地震選択、または交代に合わせて引きます。
これが正解だとは限りません() そこは各自の価値観だと思いますので・・・

調整に関してはASぶっぱです。マンムーはやっぱこれが一番強いです。
いじっぱなら確定数かわるらしいですけど、ガッサより遅いのはさすがに困るので最速安定です。


・メタグロス@拘り鉢巻

いじっぱり

140-124-52-*-4-188

173-188-157-*-111-114

コメットパンチ/思念の頭突き/雷パンチ/トリック


今回の構築の要&地雷枠です。
調整はたっちあんさんのブログの雨パに入ってたグロスの調整を丸パクリ参考にさせてもらいました。
鉢巻グロスの火力には鳥肌が立つほど感動しました。とにかく強い。
トリックを持っているため、受けループや対耐久ポケモンにも強く出せます。
対面構築はユキノオー入りの構築に弱いため、準速のノオーを抜けるようにS調整してあります。
なので、割りとノオー入りには先発で選出することが多いです。
本当はたっちあんさんのグロスと同じようにコメバレ搭載で行きたかったのですが、冒頭でも述べたようにギャラドスがどうしようもないくらい重いため、それに打てるように雷パンチを採用してみました。あと、ハッサムやスイクンなどにも安定して打てます。コメットを受けにきた眼鏡ブルンなども余裕の確定2発です。
ただ、感想としてはやっぱバレットが欲しい場面が多かったです。

与ダメージに関しては

・155-101ラティオスにコメパンが 101.2%~120%の確定1発
・火炎球のテンプレに183-142武神に思念が 98.3%~115.8%の高乱1発(81.3%)
・205-136スイクンに雷パンチが 57.5%~68.2%の確定2発

被ダメージに関しては

・A200ガブリアスの地震が 84.3%~100.5%の最高乱数以外耐え(6.3%)
・A204カイリューの1段階うp逆鱗が38.1%~45%で確定3発 など


・ウルガモス@ラムのみ

臆病

52-*-32-148-20-252

167-*-89-174-128-167

蟲のさざめき/大文字/めざめるパワー氷/蝶の舞


スカーフ龍などに勝てる可能性の高まる最速ウルガモス、当たると厄介なめざ氷持ち
前述したユキノオー入りによくコンビで入ってくるいじっぱスカガブに蝶舞下で抜いてめざ氷をぶち込むのが理想。技の関係上、シャンデラやヒードランには何もできないが、そこは後ろで見ると踏んだため、今回はこれでOK。
ひとつ問題なのは、圧倒的な火力不足。蝶舞前はもちろん、蝶舞後もちょい残しで耐えられることがしばしば。
Dにも少し振っているが調整先を覚えていないため、これをCに回して、Sに関しても、いじっぱスカガブ抜きまでに妥協すればその分をCに回せて火力を確保できるかも。
ラムのみを持っているため、ガッサにも出していけます。読まれて岩技打たれたら土下座しましょう。

与ダメージに関しては

・183-106ガブリアスにめざ氷が 96.1%~113.6%の高乱数1発(75%)
・209-150クレセリアに1舞さざめきが  84.2%~100.4%の低乱数1発(6.3%)
・187-135メタグロスに大文字が 94.1%~112.2%の中乱数1発(68.8%)

被ダメージに関しては

・A182マンムーの地震+礫確定耐え
・A200ガブの逆鱗が 94.1%~112.2%の中乱数1発(43.8発)

・・・何が言いたいかってやっぱり火力が足りない(涙声)


・カイリュー@ドラゴンジュエル

いじっぱり

4-252-0-*-0-252

167-204-115-*-120-132

逆鱗/神速/炎のパンチ/竜の舞


耐久面を加味するとドラゴン最強ポケモン。マルスケはさいつよ。
最近はステロの流行で、あまりマルスケを活かせてないような気もしますが、それを抜きにしても強いのがこいつ。
ドラゴンジュエルで抜き性能を上げてあります。
竜半減は鋼しかいないため、割りとタテやすいですが、それが無理なときはとりあえず神速を打ってるだけで、後続で処理できたりもします。個人的には陽気カイリューの方が好きですが、今回は火力重視でいじっぱを使ってみました。
調整に関しては完全にぶっぱです。AもSも削りたくなかったため、こうなりました。

与ダメージに関しては
 
・155-101ラティオスに神速が 62~73ダメージ、マンムーの礫が84~98ダメージ。
 よって低乱数を引かない限り落ちる
・207-173スイクンに1舞ジュエル逆鱗が 86.9%~102.8%で低乱数1発(18.8%)
・175-101ハッサムに炎拳が  109.7%~130.2%で確定1発

まぁスイクンに関しては受ける側の数値が高いので仕方ないですね。


・キノガッサ@格闘ジュエル

いじっぱり

188-188-4-*-84-44

159-191-101-*-91-96

キノコの胞子/タネマシンガン/マッハパンチ/剣の舞


おそらく誰も使わないであろう遅いキノガッサ。これも地雷といえば地雷。
Sを最低ラインの4振り零度スイクン抜きまでに設定。Aもなるべく多めに取りつつ、残りを全て耐久に回しました。
HPは10n-1&16n-1を同時に実現できる159、数値の綺麗さを取りました。
普段抜けてるユキノオーなどにSが勝てないのは辛い気もしますが、相手はガッサに抜かれてる前提で動くことが多いので、その辺の意表はつけます。また、ここまで耐久に割いてるおかげで、普段耐えない一撃を耐えたりしてすごく使いやすかったです。このポケモンが一番生放送などでも質問が多かったです。
持ち物は瞬間火力の出る格闘ジュエルにしました。これでマッパで狩り残しのないようにできます。

与ダメージに関しては

・183-116ガブリアスに2段階うpジュエルマッパが  92.3%~108.7%の中乱数1発(50%)
・167-89ウルガモスに2段階うpジュエルマッパが 108~128ダメージ
 後ろのカイリューの神速が 69~82ダメージなため、処理できる。

被ダメージに関しては

・C161キングドラの眼鏡竜波及び雨ドロポンが 84.9%~100%で最高乱数以外耐え(6.3%)
・A200ガブリアスの逆鱗が 84.9%~100%で最高乱数以外耐え(6.3%)
・C121ヤドランのサイコキネシスが 84.2%~101.8%で最高乱数以外耐え(6.3%)


・スイクン@カゴのみ

臆病

236-*-4-4-12-252

205-*-136-111-137-150

熱湯/瞑想/眠る/吼える


元々残飯ノイクンだった枠を技だけ眠る持ちに変えました。
クレセドランが重いため、それに勝てるように吼えるは必須でした。他にもウルガモスなど、積み合いを仕掛けてくるポケモンにもよく刺さります。眠る持ちであれば冷凍ビームがあってもいいですが、それ以上に吼えるの汎用性に惹かれたのと、後ろのマンムーやらウルガに氷技が搭載してあるため、今回は採用を見送りました。
臆病なので、B方面の耐久はさほどないように見えますが、されど115族であるため、ある程度の一致技は余裕を持って耐えてくれます。眠る持ちなのも居座りでのタイマン性能が上がっていいですね。
与ダメージについてはウエポンが熱湯だけなので割愛。
B<Dなのは一応DL対策ということにしてます()

被ダメージに関しては

・A200ガブリアスの地震が 40.9%~48.2%で確定3発、それまでに火傷引けば眠るで勝てます。
・C114、2段階うpクレセリアのサイコショックが 37%~44.3%で確定3発、余裕持って吼えれます。
・A204カイリューの1段階うp逆鱗が 74.6%~87.8%で確定2発

強い(確信)


★使ってみて、やっぱりギャラドスや雨パの重さだけは尋常じゃなかったです。
少し個性は薄れるかもしれませんが、こういう形に変えたら強いかもしれないです。

ボルトロス色マンムー
色カイリュー 色ハッサム
色キノガッサ  色スイクン

簡単にはなりましたが今回はここまでです。
最後まで見てくださった方ありがとうございました!






どうもこんにちは!
今回からちょっと文章を緩くします。

早速ですが、パーティの紹介です。

ボルトロス色ガブリアス色クレセリア色シャンデラ色パルシェン 色キノガッサ



・ボルトロス@ジャポのみ

4-*-0-252-0-252

155-*-90-177-100-179

10万ボルト/めざめるパワー氷/草結び/電磁波


・ガブリアス@ドラゴンジュエル

0-252-4-*-0-252

183-182-116-*-105-169

逆鱗/地震/身代わり/剣の舞


・クレセリア@カゴのみ

108-*-0-152-0-248

209-*-140-114-150-149

サイコショック/めざめるパワー炎/瞑想/眠る


・シャンデラ@食べ残し

204-*-12-20-20-252

161-*-112-168-113-145

シャドーボール/火炎放射/身代わり/小さくなる


・パルシェン@王者の印

220-252-0-*-0-36

153-161-200-*-65-95

氷柱針/ロックブラスト/氷の礫/殻を破る


・キノガッサ@気合の襷

0-252-4-*-0-252

135-200-101-*-80-122

キノコの胞子/タネマシンガン/マッハパンチ/岩雪崩


■個別解説

 ・ボルトロス(155-*-90-177-100-179)

パーティの着火役、電磁波巻きから後続の積みサポートをしつつ殴り倒します。
パーティ単位でマンムーが重かったのでジャポのみを持たせました。
先発率はおそらく90%超えてると思います。出し負けたとしても電磁波だけ巻ければ後続で勝てる可能性が高くなるので怯まず選出していきます。調整に関してはぶっぱなので割愛。


 ・ガブリアス(183-182-116-*-105-169)

逆電磁砂ギミックを組み込んだ砂隠れガブ。ちなみに1回も避けたことありません(笑)
砂込みでも避けることを考えるのであれば電磁波を確実に巻いておきましょう。
持ち物は粉と迷いましたが、瞬間火力の出るドラゴンジュエル。砂を最大限利用するのであれば粉でもいいかもしれません。単純に強いです、このポコモン。こいつもぶっぱなので詳細は割愛。


 ・クレセリア(209-*-140-114-150-149)

パーティ全体で格闘の通りがよかったことと、生半可な特殊火力を受けれる奴がいなかった為、逆にそいつらを起点にできる今流行りの瞑想クレセです。基本的に残飯型ですが、後述するシャンデラに残飯を取られたため、消去法てきにカゴ。クレセには毒やら麻痺やら眠りやら状態異常技がポンポン飛んでくるところからかなり使いやすい道具です
 HP・・・身代わりと残飯効率がいい(?)16n+1
 特攻・・・残り
 素早さ・・・ほぼ極振り、ギャラ抜き


 ・シャンデラ(161-*-112-168-113-145)

前の記事のシャンデラそのまんまです。技を呪いから火炎放射に変えました。
理由はパルシェンやらガブリアスやらで受けループを無理やり見ようとしてるということと、範囲の広さを取るところから攻撃ウエポン2つの採用に至りました。小さくなる強いですね~^
ここは正直嫁枠ということで強引に入れ込んでますw 最近はスターミーの方が強いかもしれません。
 HP・・・16n+1
 B<D・・・ 一応ダウンロード対策
 特攻・・・余り、HP252ハッサムが放射で半減実貫通
 素早さ・・・最速


 ・パルシェン(153-161-200-*-65-95)

前述した通り受けループを無理やり見ようと印持たせてみました!
これもやっぱり麻痺なしで印発動したことはありません!w
確か40%って聞いたはずなんですが・・・
ボルトパルの選出の流れでボルト電磁波→パル破り→3タテが理想の流れです。結構決まります。
この構築はやたらラティとかガブとかの龍を呼ぶので、そこらを起点に使います。(ラティは流星打ったあとも起点にはできませんが)マンムーも起点にできるのですが、破り後のロクブラ5発で落ちないため、怯むことを願いましょう。
 HP・・・残り
 攻撃・・・ぶっぱ
 素早さ・・・破り後最速120族抜き


 ・キノガッサ(135-200-100-*-80-122)

カバドリ、バンドリ、トノグドラなどの天候選出によく刺さる。全てを見るならテクニ安定。
ポイヒガッサと今でも迷っていますが、最初にポイヒ使ってみてスイクンとかに役割が持ちにくいとのことで今はこっちで落ち着きそう。岩雪崩の枠はパーティの趣旨的には剣の舞がお似合いだが、襷型といえば岩技搭載が普通かと思ったのと、ウルガが決して目をそらせない存在であったため、雪崩採用に至った。
キノガッサさんもっと種出してください(意味深)調整はこれもぶっぱなので・・・


レートでの勝率は70%をちょっと超えるくらい、うん悪くない。
スイスドロー大会での結果は、ギリギリ勝ち越せる程度
基本選出はボルトガブまでほぼ確定残りシャンデラorパル
もしくは ボルトパルガッサ
クレセに関しては置き物感覚なのでほとんど選出しません。

夜中に書いたため、ダメージ計算とかを載せる体力ありませんでした、すいません(´・_・`)




どうも。
3/23に山口市で行われた第2回クロ猫オフに参加してきた。
予選を5-1で突破、そのままトーナメントを勝ち抜いて悲願のオフ初優勝を飾った。
参加人数は14人だったがこれからどんどんオフに対する価値観が変わって参加する人が増えたらいいと思う。

それではその優勝に導いてくれたポケモンたちを紹介していく。

色シャンデラボルトロスカイリューハッサム 色キノガッサ色スイクン


・シャンデラ@食べ残し

性格:臆病

個体値:31-31-31-31-31-31

努力値:204-*-12-20-20-252

実数値:161-*-112-168-113-145

シャドーボール/呪い/身代わり/小さくなる


・ボルトロス(化身)@気合の襷

性格:臆病

個体値:31-30-30-31-31-31

努力値:4-0-0-252-0-252

実数値:155-121-90-177-100-179

10万ボルト/めざめるパワー氷/馬鹿力/電磁波


・カイリュー@ドラゴンジュエル

性格:陽気

個体値:31-31-31-*-31-31

努力値:4-252-0-*-0-252

実数値:167-186-115-*-120-145

逆鱗/神速/炎のパンチ/竜の舞


・ハッサム@ラムのみ

性格:いじっぱり

個体値:31-31-31-*-31-31

努力値:236-188-4-*-76-4

実数値:175-191-121-*-110-86

バレットパンチ/蜻蛉返り/アクロバット/剣の舞


・キノガッサ@毒毒玉

性格:いじっぱり

個体値:31-31-31-*-31-31

努力値:28-252-4-*-4-220

実数値:139-200-101-*-81-118

キノコの胞子/気合パンチ/マッハパンチ/身代わり


・スイクン@水のジュエル

性格:暢気

個体値:31-31-31-31-31-31

努力値:252-0-0-252-4-0

実数値:207-95-148-142-136-94

絶対零度/ハイドロポンプ/冷凍ビーム/吼える


■個別解説


 ・シャンデラ

161-*-112-168-113-145

見るからに対面構築、起点構築を思わせるこのパーティに突如組み込まれた枠。使うに至ったのは、一番好きなポケモンであることを掲げながらなかなか使わなかったため無理やりにでも入れた。ちなみに今回の個体は♂・・・
基本的にはボルトの電磁波サポートを受けて小さくなっていく害悪シャンデラ。このパーティならスカーフも十分に強いと思ったが、個人的にはこの型が一番強いと考えている。
当日は攻撃ウエポンにシャドボを採用したが、威力の関係と処理速度の速さから火炎放射の方がいいのかもしれない。ゴーストと炎じゃ範囲がかなり違ってくるため、一長一短といえばそれまでなのだが。


 ・ボルトロス

155-121-90-177-100-179

CSぶっぱの襷ボルト、抜群の安定性を誇る。
当然のことだが受け出しできる耐久を持っていないため、先発以外の選出は基本的にない。
襷のおかげで電磁波巻きの役割が果たしやすく、また技もなかなかいいのを持っているため今回の選出率も高かった。
10万めざ氷電磁波までは確定、残りの1枠を選択という形になると思うが、今回はバンギに打てて、なおかつドリュの起点にならない馬鹿力を採用した。範囲はこれでだいぶ広がったのだが、下降補正と無振りなせいがあって、H振りバンギを持っていくこともできず、一度ドランにも打ってみたのだがちょうど半分くらいしか入らなくて泣いたため打つ機会はごく稀。


 ・カイリュー

167-186-115-*-120-145

思考停止ASぶっぱの竜舞カイリュー
本当はいじっぱASカイリューでオフに臨みたかったのだが、1体持っていたいじっぱカイリューが謎の耐久調整を施していたため仕方なく陽気個体を使った。
持ち物は甘えたクレセやスイクンを許さない龍ジュエル。効果は1回だけに限られるが、2舞しないと火力が微妙に足りない、でも2舞するのは危険ってときに重宝する道具である。当日も活躍したがイマイチ覚えてない


 ・ハッサム

175-191-121-*-110-86

いわゆる地雷、ラムアクロとはなんだったのか。
元々鉢巻ハッサムとして使っていた個体を前日に技だけ変えて当日IN
HPは16n-1、Dを眼鏡ラティの流星1,5耐えまで振って残りをAに回したインスタント振り、Bとかに努力値を回しても強いと思うが、遂行速度の速さを求めたため、残りは全部Aに振った。
ラム→アクロの流れをオフで使うことは一度もなかったがラムが単純に働いたことは何度もあった。
しかし使っている本人がラムを持たせてることを自覚してなく、決勝でロトムが鬼火を当ててきたとき顔を真っ青にしていたのがとても恥ずかしい。
正直アクロである必要があるのかよくわからないが、ウルガにかなり重いこのパーティにおいて何かしらの対抗策として悪くは無いと思う。


 ・キノガッサ

139-200-101-*-81-118

テンプレの嵌め重視のポイヒガッサとは違い、遂行速度を重視したA特化ポイヒガッサ
どこかのブログの調整をパクったのだが、BDに4ずつ振るためSの実数値を1下げたため、同じようにパクった人とのミラーには勝てない。
基本的な動かし方については何ら他のポイヒガッサと変わりないのだが、相手が寝たらすかさず腹パンを繰り出すのがこいつの強み。Aぶっぱであるため火力がえげつない。
無振りガブリアスに80.3%~95%、B130のHぶっぱメタグロスにも60.9%~72.1%入る、これは化け物
マッパを入れることによってちょい残しの処理やカバドリへの性能を格段に上げることができる。
ゴーストが来たら焼き土下座。


 ・スイクン

207-95-148-142-136-94

久しぶりに使った零度スイクン。今流行りのHCジュエルドロポンスイクン
ここの枠は本来控えめねむカゴ瞑想スイクンを使いたかったのだが忙しくて周回できなかったため代用としてこいつを使った。
レートを本格的にやり始めてから命中率の安定というギミックを重視するようになったため、一撃必殺技をめっきり使わなかったのだが、今回オフの準決勝において初手こいつと相手ラッキーで対面、一発目の零度をぶち当てるファインプレーをした。その一発で何かを使い切った気がしたため、当分使わないだろう。
ジュエルドロポンは耐久に振っていない蝶舞ガモスを1舞からでも葬れる・・・があまり期待しないほうがいい。なんせ暢気だから。
本来はカバに打ちたい技であることを意識しておくこと。
ちなみに最後の枠が吼えるなのは何を血迷ったのか神速を切ってしまっていたから。


■選出メモ

シャンデラ 4/8
ボルトロス 7/8
カイリュー 1/8
ハッサム  5/8
キノガッサ 3/8
スイクン  4/8




どうも。
3/2にかにくいてさんのコミュニティで行われたかに杯(2月分)で3位に入賞することができたので、書置き程度に使用構築を晒しておく。


色キュウコン色クレセリア色霊獣ランドロスポリゴン2色キノガッサ色スイクン



・キュウコン@ラムのみ

性格:臆病

個体値:31-*-30-30-30-30

努力値:36-*-8-240-0-224

実数値:153-*-96-131-120-162

大文字/めざめるパワー格闘/悪の波動/悪巧み


・クレセリア@ゴツゴツメット

性格:図太い

個体値:31-14-31-31-31-31

努力値:236-*-196-4-4-68

実数値:225-*-181-96-151-114

サイコキネシス/冷凍ビーム/月の光/電磁波


・ランドロス(霊獣)@食べ残し

性格:陽気

個体値:31-31-31-31-31-31

努力値:100-116-28-*-12-252

実数値:177-180-114-*-102-157

地震/打ち落とす/身代わり/ビルドアップ


・ポリゴン2(アナライズ)@進化の輝石

性格:生意気

個体値:31-31-31-31-31-31

努力値:244-36-68-36-124-0

実数値:191-105-119-130-144-72

恩返し/冷凍ビーム/放電/自己再生


・キノガッサ@気合の襷

性格:意地っ張り

個体値:31-31-31-*-31-31

努力値:4-252-0-*-0-252

実数値:136-200-100-*-80-122

キノコの胞子/タネマシンガン/マッハパンチ/剣の舞


・スイクン@カゴのみ

性格:図太い

個体値:31-14-31-31-31-31

努力値:252-*-180-4-4-68

実数値:207-*-173-111-136-114

熱湯/冷凍ビーム/瞑想/眠る


■個別解説


 ・キュウコン

153-*-96-130-120-162

もはや私のブログでは定番になっている悪巧みキュウコン。
最近はドランピンポのめざ地個体を採用していたが、今回はドランだけでなくバンギにも少なからず有効打を持てるめざ闘を採用するに至った。振り方も完全CS個体に変えた。ソラビじゃなくて悪波を入れているのはシャンデラに全く有効打がないため。


 ・クレセリア

225-*-181-96-151-114

晴れクレセの定番である物理受け特化クレセ。
ただめざ炎個体を採用せず、代わりに電磁波を採用。これは、後述するランドロスの積みやすさを助長するためである。
振り方に関しては昔育成した個体をそのまま使っているため、HPが225になってしまっている。
Sはここまで振っておくと案外抜ける奴も多い。


 ・ランドロス

177-180-114-*-102-157

今回のパーティの地雷?枠。スカーフ型の裏をかいたビルドランド
パーティ的にもスカーフ型だと警戒されやすいため、例えば拘りロックのために相手が守るを選択してきたときなどに身代わりを貼ればすぐさま起点ができあがる。また、前述のクレセを電磁波を受けて降臨すれば、さらに起点が作りやすいだろう。
配分に関しては、ながさんのブログのランドロスを参考にしたので、詳しいことはそちらに。


 ・ポリゴン2

191-105-119-130-144-72

今回の構築の選出率No.1ならびにNo.1の安定感を持つアナライズポリ2
鋼がいないこのパーティに出てきやすい特殊龍を形式上受けきることができる。
ラティオスと対面した際は眼鏡トリックをされることが多いが、その場合は眼鏡+アナライズ冷Bでラティが逝くため、実質役割は遂行したことになる。
また、炎の体で火傷を引かない限りは対面で恩返しを用いてウルガモスに勝てる。少しAに割いてあるのはだいたいのガモスを確二に取るため
放送で使っていて、アナポリは放電より10万の印象が強いといわれたが、威力が上がってなおかつ麻痺の3割がある放電も強いのではないかと考えている。特に私のような積み構築が多めのパーティには。


 ・キノガッサ

136-200-100-*-80-122

見るからに重いスイクンおよびカバドリへの回答
襷枠が余っていたのでこいつを採用したというのもある。自分より遅い奴の基本行動は胞子→剣舞→タネガンorマッパ。岩技がないのでウルガに対しては完全に土下座。
余った努力値を適当にHPに振ったら、4nになってしまったことを後悔している。


 ・スイクン

207-*-173-111-136-114

同じくカバドリへの回答。ガッサのお供といえばやっぱこいつ
調整に関しては完全にテンプレ。最近はウエポンを熱湯だけにして、当初冷Bだった枠に吼えるであったり、めざパであったりを採用することが多いが、めざパ個体を準備するのが難儀であるということと、明らかに龍を誘う構築であるため、その処理を迅速に行うべく冷Bを採用している。
最近この型のスイクンは減ってきていると個人的には感じているが、現環境でも十分息できる安定したポケモン。


■最後に

割りとテンプレに近くなったキュウコンクレセだが、ところどころにオリジナル要素を加えてある。
パーティ全体で動いてくれることが多いため、これからキュウコンクレセを作るって人には是非とも参考にしてもらいたい構築である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。