642_0.png036_0.png
006-megaevoly_2.png445_2.png
115-megaevol_2.png534_2.png




ポケモン性格技1技2技3技4持ち物
ボルトロス臆病10万ボルトめざめるパワー氷悪巧み電磁波オボンのみ
ピクシー図太いムーンフォース小さくなる瞑想眠るアッキのみ
リザードン臆病オーバーヒート火炎放射ソーラービーム鬼火
ガブリアス陽気逆鱗地震岩石封じ剣の舞ゴツゴツメット
ガルーラ意地っ張り秘密の力岩雪崩炎のパンチ身代わり
ローブシン意地っ張りドンチマンチれンチ叩くンチ突撃チョッキ




第129回九尾杯で使用した構築 大会直前で作ったパーティなこともあり、パーティの回し不足で結果は4-3と残念な結果に終わった。だが最後の試合はスイクンに零度2回当てられて負けたので実質5-2みたいなもん。
正直全然煮詰まってない構築なので簡潔にまとめる。


★PT概要
秘密の力ガルーラを使いたいと思ったところからスタートした。秘密の力という技は地形によって異なる追加効果が発生するもので、オンライン環境では麻痺の状態異常が30%で発生する。
秘密の力は仕様の関係上、親子愛の影響を受けずに子供の攻撃時に判定が入る(ような気がする)ため、一見のしかかりの劣化に思えてくる。

しかし、秘密の力は非接触技であるという他のノーマル技にはない特徴があるため、ゴツメで削りにきたポケモン(クレセリア、ヤドラン、カバルドンなど)に無傷でダメージを与えることができるのである。あとは地面タイプにも麻痺を入れることができるのもこの技の強みであるため、今回このポケモンに着目したというわけである。

あとは、ガルーラだけでは状態異常を撒けないことも多い(30%ではかなり不安要素がある)ため、悪戯心でS関係を無視して電磁波を撒けるボルトロスが入ってきて、ボルトロス入れたならずるいポケモンを1体入れてみようと思い、ピクシーを投入。あとはフェアリーの一貫を切るためにリザードン、ガルーラを削りきれずにボコされるのを恐れてゴツメガブリアス、ゲンガーなどの鬼火撒きに対する回答としてチョッキローブシンを入れることで出来る限り穴埋めをするようにした。




■個別解説


642_0.png

ボルトロス@オボンのみ
性格:臆病
特性:悪戯心
努力値:100-*-48-100-4-252
実数値:167-*-96-158-101-179


前述の通り、ガルーラやピクシーで有利に試合を展開していくための枠。
配分は完全に5世代の流用であるため、詳細は覚えていないが、陽気ガブの岩石をオボン込みで2耐えしてくれることが多々あったため、それくらいの耐久値は実現できているはず。
役割的にもちろん先発が多いが、耐久に努力値を割いているため後投げすることもたまにある。

技構成についてだが、これに関してはcloudiaさんの記事で登場したボルトロスを参考にした。詳しい説明は飛んでいってもらうとわかると思うが、悪巧みボルトの3枠目に採用するであろう気合球や焼き尽くす、草結びなどの技はどれもピンポイントであり、汎用性が欠けているため、今回のパーティコンセプトとも照らし合わせて電磁波を採用するに至った。
これによって、電磁波で相手の足を奪うといった役割だけでなく、自ら相手の手数を減らせることもできるため非常に使いやすかった。



036_0.png


ピクシー@アッキのみ
性格:図太い
特性:天然
努力値:244-*-228-28-4-4
実数値:201-*-134-119-111-81


ボルトロスの電磁波から展開していく駒。パーティ全体が腹太鼓マリルリを筆頭とする積みポケに薄かったこともあり、特性で積みを打ち消せておまけにいると安心するフェアリー枠。

特に変わった点があるわけではないが、一つ最後の技が眠るなのは、パーティに鋼枠も毒枠もいないために、毒毒持ちのポケモンが非常に出てきやすい状況が出来上がってしまっていること、ピクシーというポケモンの性質上そいつらを更に呼び寄せてしまうことから採用した。しかし、それであればコスモパワーアシストパワー型の方が安全に相手を詰ませていけることに試合途中で気づいた。あまり積みが出来てない状況下での素眠りは完全に自殺行為であった。。。

極論を言ってしまえば、ピクシーを採用する際に後ろで毒などのケアができるポケモンを添えておくべきであるといえる。
ゲンガーなどはその典型例であるといえよう。

●配分

H-B:A182一致地震2耐え



006-megaevoly_2.png


リザードン@リザードナイトY
性格:臆病
特性:猛火→日照り
努力値:0-*-0-252-4-252
実数値:153-*-98-161-106-167
(メガ進化後):153-*-98-211-136-167


パーティを組む上で最後に入ってきたポケモン。
全体を見渡した上で、フェアリーに薄すぎてニンフやサナと当たったときに3タテされ兼ねなかったこともあり、また今流行りのスイクンにも薄さを感じたため、相性上は不利であるが特性と火力で無理やり突破できるポケモンとして不本意ではあるが2体目のメガ枠として採用した。

技構成はガルーラなども吹き飛ばせる高火力のオバヒと安定ウエポンの火炎放射、スイクンなどの水への回答としてのソラビは確定。残り1枠に少し重めのアローに打てる原始の力の採用を考えていたが、原始が遺伝だということを試合前に知ったのであえなく断念。
クチートの不意打ちに対する択として埋め合わせで鬼火を採用したが打つ場面はなかった。
また、バンギラスやヒードランなどに大ダメージを与える気合球も採用対象だったが、最近90%技を外しすぎて70%にとてつもない不安を抱いてしまった。




445_2.png


ガブリアス@ゴツゴツメット
性格:陽気
特性:鮫肌
努力値:60-140-52-*-4-252
実数値:191-168-122-*-106-169


前述した通り、ガルーラと対峙した際にダメージレースに勝てない、猫騙し捨て身の流れを耐えられないポケモンが大半であることを考慮してのゴツメガブリアス。ガルーラにおいて一番強い(ここで言う強いとは数ある型の中で一番汎用性がある)型は猫騙し+捨て身の型だと個人的に感じており、パーティにゴーストもいないのと、初発は猫騙しを打ちやすいパーティだと考えるため、それを逆手に取ってこいつを採用することで、ダメージレースに打ち勝つことができると考えた。

実際大会で選出した試合でゴツメが活きる場面はほぼ皆無に等しく、逆にラムであればという場面があったため、ここは要検討の枠である。単に物理ガルーラにダメージレースで勝つことを考えるならカバルドンでもいいかもしれない。

調整に関する詳しいことについてはこちらに書いてあるので、そちらを参考にしてもらえると分かりやすいと思う。

技は非こだわりのガブリアスらしい4枠で問題ないと感じ、この構成となった。



115-megaevol_2.png


ガルーラ@ガルーラナイト
性格:意地っ張り
特性:肝っ玉→親子愛
努力値:132-164-0-*-4-204
実数値:197-149-100-*-101-136
(メガ進化後)197-182-120-*-121-146


今回の軸であり、メガ枠の1体目。強力な特性を持ち、多くのポケモンを縛ることができる6世代のエース的存在であると言えよう。

概要でも書いたように非接触技である秘密の力をメインウエポンに置き、後出ししてくる物理受けに対してゴツメや鮫肌、鉄の棘などのスリップダメージなしに攻撃を加えることができる。カバルドンやガブリアスに対しても麻痺が入るのがこの技の隠された強み。

その他の技構成は麻痺と相性のよい岩雪崩、鬼火や電磁波避け、もしくは低火力相手への牽制として身代わりを採用した。最後の枠は本来地震を採用して完全に非接触ガルーラを作るつもりだったが、リザードンを選出できなかった際にナットレイやハッサムに対してかなり薄かったため、炎のパンチを採用した。地震を打ちたい相手としてはメジャーどころでいえば、ヒードラン・バンギラス・ギルガルドあたりになるだろうが、これらは後ろのポケモンでかなり圧力をかけられていると判断したという理由もある。

ちなみにこのガルーラは相手のガルーラに高確率で勝てないのでそこは要注意。


●配分

H-D:C222 気合球を最高乱数切って耐え

H-B:A182ガブリアスの鉢巻逆鱗を最高乱数切って耐え

S:メガ進化前最速メガバンギラス抜き
  メガ進化後最速80族抜き

ダウンロード意識のD>B



534_2.png


ローブシン@突撃チョッキ
性格:意地っ張り
特性:根性
努力値:212-156-44-*-84-12
実数値:207-198-121-*-96-67


ここまでで、ロトムやスイクン、ゲンガーなどの火傷を撒いてくるポケモン(スイクンの熱湯は完全に火傷撒き)に対して薄かったため、根性ローブを採用。チョッキを持たせることで上記のポケモンに後出しできるようになり、役割を遂行しやすくなった。

技構成はドレPマッパは最低限必要、今回のガルーラは非接触であるが、それに限らず相手の持ち物を用いての数値を下げる叩き落とす、ガブリアスやランドロスへの遂行速度を意識して冷凍パンチという形にまとまった。

5世代の時からこのポケモンの使いやすさと強さに関しては目を光らせていたが、今世代でもまだまだ刺さるパーティは多く存在することがわかった。流行りのボルトランドゲンガーといった並びに強いのも評価できる。

●配分

A:冷凍パンチで183-116ガブリアスを確定一発
  根性+叩き落とすで135-100メガゲンガーを確定一発
  同条件で167-100メガゲンガーは低乱数一発(18.8%)

H-B:A182一致逆鱗+鮫肌ダメ1回耐え

H-D:C211晴れ一致オーバーヒート耐え(目安)
   C222一致ヘドロ爆弾のダメージ量が79~94+毒ダメが25
   ヘド爆で2回とも高い乱数を引かない限りは耐える。



■総括

考察時間が少なすぎたこともあり、シングル3強であるガルーラ・ガブリアス・ゲンガーに強い構築が組めなかった。
また、最後に埋め合わせとして入れたリザードンに関しても、パーティに2体メガ枠がいることによる選出難易度の上昇、結局ファイアローやバシャーモなどのポケモンの抑制になっていない点など欠陥は挙げればキリがない。

一方受けループなどの高耐久が多い構築に関しては崩し性能の高いポケモンを採用したおかげで割りと楽に相手できることがわかった。

この構築はシーズンが終わってから組んだため、レート環境で回せていないのも悔やまれるため、次のシーズンに少し回してみようと思う。

ORAS環境の準備は今のところ全く進めていないが、昔から好きだったボーマンダを使ってみたい。

おわり
スポンサーサイト


第5回クロ猫オフに参加してきました。
結果は予選を8-2でグループ1位通過、準決勝で中学生のkingerさんに敗れて3位でした。
小規模なオフである故に優勝目指してましたが最近ポケモンする頻度が減ってて構築も煮詰められなかったこともこの順位に直結したと思います。

 山口という偏狭の地でのオフであるため、都会のオフやレートのようなKPは期待できないと考えた。よって普段なら警戒しなければならないバシャサンダーやガブガルのような並びがいないと見切ってなるべく使いたいポケモンを軸に組むことにした。予想は的中しバシャとサンダーを使っていたのは私だけ、ガルーラのKPはなんと0となっており、正直意味がわからなかった。

 構築についてだがタイトルにもあるように5世代で有名だったノオーガブサンダーを組んでみることにした。また今回のメガ進化ポケモンには珍しいメガユキノオーを選んでみた。構築を見るにバシャがメガだと思われやすいため、かなり選出しやすかったようにも思える。
ちなみに個人的に自信のない構築であるため、解説は簡潔に行わせてもらう。

460-megaevol_2.png445_0.png
145_0.png212_2.png
257_0.png184_2.png



ポケモン性格技1技2技3技4持ち物
ユキノオー意地っ張りウッドハンマー氷の礫地震終結の氷雪ユキノオナイト
ガブリアス意地っ張り逆鱗地震ストーンエッジ毒突き拘りスカーフ
サンダー図太いボルトチェンジ熱風毒毒羽休めゴツゴツメット
ハッサム意地っ張りバレットパンチ蜻蛉返り馬鹿力燕返し拘り鉢巻
バシャーモうっかり屋オーバーヒート飛び膝蹴りWake Up Girls(氷)守る命の珠
マリルリ意地っ張りじゃれつく滝登りアクアジェット叩き落とす突撃チョッキ



460-megaevol_2.png

ユキノオー@ユキノオナイト
性格:意地っ張り
特性:防音→雪降らし
努力値:252-196-4-*-20-36
実数値:197-150(194)-96(126)-*-108(128)-85(55)

今回のメガ枠 後ろ姿が凛々しくてかっこいい
最初から技構成をこれにするつもりで意地っ張りでツモってもらったが前日くらいになって本来強く出れるボルトロスやガブリアスに対して氷の礫だけでは決定力不足に陥るため吹雪が欲しくなった。結果として吹雪はやはりあった方がよかった。ただ3位決定戦のときに明らか起点作りしに来たフワライドにエターナルフォースブ!をかませたのでそれだけで今回は満足

配分

D:209ヘドロ爆弾を最高乱数以外耐え

S:メガ進化前の状態でニンフィアなどに上から零度叩き込めるように


445_0.png

ガブリアス@拘りスカーフ
性格:意地っ張り
特性:鮫肌
努力値:0-252-4-*-0-252
実数値:183-200-116-*-105-154

大正義スカーフガブリアス 重要な電気無効枠
個人的に拘りのガブリアスは使いにくいと感じてるため、あまり採用したくはなかったのだがいざルカリオやライコウなどの早い奴が重いのも事実だったため、やむを得ずということで。
配分は思考停止ASぶっぱ 毒突きの枠は自由枠。構築組み終わった後に催眠に対する回答が何もないことに気づいたため寝言とかでもよかったかも


145_0.png

サンダー@ゴツゴツメット
性格:図太い
特性:プレッシャー
努力値:252-*-216-12-4-20
実数値:197-*-145-147-111-123

優秀な電気枠 相性の良さで物理受けする今では有名になったポケモン
オフではクチートやギャラをよく見た気がするため、選出率もそれ相応に高かった。
最近はめざ氷ではなくて専ら毒毒を採用されていると体感しているため私もそれにあやかって変えてみたが悪くない使い勝手だった。

配分
C: H252メガハッサムを熱風で確定一発

S: 準速70族抜き


212_2.png

ハッサム@拘り鉢巻
性格:意地っ張り
特性:テクニシャン
努力値:204-252-44-*-4-4-

今回一番強かったと感じるポケモン 高火力先制技 is GOD
一度メガハッサムの種族値の高さを実感するとなかなか普通のハッサムを使うことに抵抗を持つのだが今回は瞬間的な火力が欲しかった。結果としてこれは正解で、バレパンが予想外に強くて相手に戸惑われたり、とんボルチェンでサイクルを回したりと大活躍だった。

配分
B: A260インファイトを確定耐え
A: バレパンや蜻蛉での圧力が大事なのでぶっぱ



257_0.png

バシャーモ@命の珠
性格:うっかりや
特性:加速
努力値:0-140-0-172-0-196
実数値:155-158-90-167-81-125

ノオーに石を与えたということとノオーバシャって選出は普通にするんじゃなかろうかと考えた末珠での採用
ガルーラとの対面で一撃で倒せる奴がいなかったため、強力な格闘技を持つ意味もこめて入れてみたが先でも述べたようにガルーラが一匹もいなかったため、ここは当初考えてたリザYにしておくべきだと悟った。
メガのスペックの高さを知ってしまった今、通常バシャに強さを感じなくなったため、選出は控えめだったはず。

配分
A: 余り
C: めざ氷で無振りガブリアス確定一発 
  オバヒでH252ギルガルド確定一発
S: 非加速下で最速バンギラス抜き


184_2.png

マリルリ@突撃チョッキ
性格:意地っ張り
特性:力持ち
努力値:124-252-4-*-20-108
実数値:191-112-101-*-103-84

今回の選出率No.1ポケモン 竜格闘悪あたりの一貫切りの役割
当初考えてたブルンゲルというポケモンがただでさえ一貫してるサザンドラを更に動きやすくしてるとこがあったため、6世代のスタンパとしてフェアリー枠は必要だと考え採用した。
持ち物はタイマン性能が格段に上がるチョッキ。メガゲンのヘド爆やボルトの10万も確定で耐えるため非常に使いやすかった。またチョッキマリルリといえばHAベースが基本であったが、最近はニンフィアやポリ2、クチートなどの増加によってこいつらを抜くSを確保しておきたかったため、ここまでSのラインを上げたがこれは大正解だった。オフで数回ニンフィアに当たった試合で全て上からじゃれつくを叩き込んで○すその姿はまさにうさ耳天使。
みんなもこれからチョッキマリルリを使う際はSにガッツリ割くことをおすすめする。

配分
H: 16n-1
A: ぶっぱ
S: 鉢巻ガブの地震耐えしてるニンフィア抜き(テンプレは実値83)


■選出パターン
これといったのは決まってなく、相手のパーティによって毎回形を変えている。


■オフでの選出率 (すいません、1試合目の選出を覚えていないので実際の試合数より1試合少ないです)
ユキノオー 7/12
ガブリアス 5/12
サンダー 5/12
ハッサム 6/12
バシャーモ 3/12
マリルリ 9/12

XY下でオフ出るのは多分これが最後だと思うんでORAS下のオフでまた会いましょう

追記:メガバナの突破手段が何もないため絶対に真似しないでください

終わり


みなさんワニ~ \はいワニー/
また広告の方が鬱陶しくなってきたので、更新しようと思います。

ただ今回の構築は人のブログを転々としながら案を掻い摘み、また最近はポケモンする時間もなく新しい個体を育成できなかったため、ボックスにいた奴らでなんとか組ませました。

それでもなんとか2000乗っけたんでいつもみたいに長々と書かずに簡潔にします。
61.png


642_0.png445_0.png
233_2.png303-megaevol_2.png
094_0.png214-megaevol_0.png



ポケモン性格技1技2技3技4持ち物
ボルトロス臆病10万ボルトめざめるパワー氷気合球電磁波命の珠
ガブリアス意地っ張り逆鱗地震ストーンエッジアイアンヘッド拘りスカーフ
ポリゴン2控えめトライアタックシャドーボールめざめるパワー地面トリックルーム進化の輝石
クチート意地っ張りじゃれつく叩き落とす不意打ち炎の牙クチートナイト
ゲンガー臆病シャドーボールヘドロ爆弾挑発道連れ気合の襷
ヘラクロス意地っ張りミサイル針ロックブラストタネマシンガンインファイトヘラクロスナイト


642_0.png

ボルトロス@命の珠
性格:臆病
特性:悪戯心
努力値:4-*-0-252-0-252
実数値:155-*-90-177-100-179

思考停止電磁波マン。有利対面ならとりあえず攻めて散り際に電磁波撒いて退場。後続に繋ぐ
気合球はドランを意識して採用して、使う場面もそこそこあったがいかんせん当たらないからクソ。
素直に挑発とかにしておいた方がいいと思われ。


445_0.png

ガブリアス@拘りスカーフ
性格:意地っ張り
特性:鮫肌
努力値:0-252-4-*-0-252
実数値:183-200-116-*-105-154

説明の必要なし。とりあえず入れとけば何かしらやってくれるだろうと思って入れたがイマイチ一貫性が出ないため僕には使い切れなかった。
構築単位でルカリオやゲンガーが鬼重いため結果としてスカーフで間違いは無かったと思う。


233_2.png

ポリゴン2@進化の輝石
性格:控えめ
特性:ダウンロード
努力値:244-*-12-248-0-4
実数値:191-*-112-171-115-81

今回のMVP トリル貼ってクチートのサポート
でもこいつの単体性能が高すぎて3タテすることも少なくなかった。
攻撃ウエポンはこの3つにしておくことで、クチートが苦手なドラン、うざったいゲンガーなどにも有効打を持てる
最近出会うポリ2がこいつばっかりになってきてもっと対策されてるもんだと思ったが、案外暴れられた


303-megaevol_2.png

クチート@クチートナイト
性格:意地っ張り
特性:威嚇→力持ち
努力値:252-252-0-*-4-0
実数値:157-172-145-*-116-70

今回の構築のメイン。トリル下での圧倒的な制圧力。
じゃれつくでの超絶火力もすごいが叩き落とすが使いやすい。高火力安定命中は神
ナットレイやハッサムがすごく重いので炎の牙は切れなかった
おそらく選出率はポリ2とあわせて90%近くを誇っている。
†かわいいは正義†


094_0.png


ゲンガー@気合の襷
性格:臆病
特性:浮遊
努力値:0-*-0-252-4-252
実数値:135-*-80-182-95-178

ほとんど選出しない見せポケ このパーティで回しててグライオンにハメられることに気づいたので相手の打点を絶つポケモンとして採用した
ほんとはこご風ゲンガーにしたかったのだが個体生成する時間がなかったため適当にボックスにいたのを入れた。
挑発→道連れの流れは目立たないが結構強い


214-megaevol_0.png

ヘラクロス@ヘラクロスナイト
性格:意地っ張り
特性:根性→スキルリンク
努力値:156-252-28-*-12-60
実数値:175-260-139-*-127-103

クチートがフシギバナに何もできないので、それに対抗できるかつトリル展開でも戦っていけるポケモンを探したらこいつがいた。
クチートの選出がほとんどなのでこいつは完全にサブ。
HAぶっぱではなく少し調整が施してあるのは何か理由があったのだが忘れた
Aお化け


■選出パターン

・ボルト+ポリ2+クチート
基本選出 70%くらいはこの選出でいくと思う
多少重いポケモンがいてもトリルがあれば跳ね返せてしまうのが面白い


・ボルト+ガブ+ヘラ
裏?選出 ボルト式うんたん→ヘラで上からププププドドドド→ガブでお掃除

簡潔すぎてごめんなさい。シーズン5はヘラを引き続き使っていこうと考えてます。
何かあったらTwitterかコメントまで。


 みなさんどうもです!
早いものでもうシーズン3も終盤ですねー
 シーズンが進むごとに全体的に強くなっている気がするのでレートを上げるのが難しくなってきますね・・・

 今回紹介する構築は、第123回九尾杯並びにシーズン3において使用したものです。
九尾杯では予選を唯一の7-0で1位通過することができました。(決勝トナメ1落ちとかいえない)
 またレーティングの方でも一応2000到達することができました。毎期2000いかせることが1つの目標になってるのでとりあえず達成です。

645-therian_2.png485_0.png
282-megaevol_2.png286_2.png
145_0.png461_2.png




ポケモン性格技1技2技3技4持ち物
ランドロス陽気地震岩石封じステルスロック大爆発気合の襷
ヒードラン控えめオーバーヒート火炎放射ラスターカノン悪の波動拘り眼鏡
サーナイト控えめハイパーボイスサイコショックめざめるパワー地面挑発サーナイトナイト
キノガッサ意地っ張りタネマシンガンマッハパンチ馬鹿力岩石封じ拘り鉢巻
サンダー図太い10万ボルトめざめるパワー氷熱風羽休めゴツゴツメット
マニューラ陽気叩き落とす氷の礫桁繰り猫騙し命の珠


タイトルの通り、ランド+ドラン+サーナイト+ガッサの並びを基本として残り2枠を苦手ポケモンを補完してくれるのに設定しました。最初はマニュ+ガルドでしたが、僕にはガルドが上手く使いこなせないため種族値が高く使いやすいサンダーを採用しました。
基本的にはランドでステロを撒いて相手を圏内に入れながらゴリゴリいく構築ですが、今回注目してほしいのはステロを撒くのに積みポケがいないことです。
特にこれといった理由があるわけではなく、使いたいポケモンをぶっ込んでいたら瞬間火力の高いポケモンばっかりになっていたというワケですw


645-therian_2.png

ランドロス(霊獣)@気合の襷
性格:陽気
特性:威嚇
努力値:20-236-0-*-0-252
実数値:167-195-110-*-100-157

前回の記事で登場したランドのままです。ステロ撒いて岩石するか爆ぜて終わり☆
このパーティでは横にドランがいることやガッサがいることで、こいつの型をスカーフだと思われることが多いです。襷はほぼ確実にステロを撒くことができるので非常に有用なアイテムです。まぁさすがは600族なのか襷までいくことがそこまで多くはありません。
同じ型のガブリアスと違う点が、地面透かせる点と威嚇で牽制できる点にあると思うので、ステロを撒いてもむやみやたらに捨てず、最後のクッションとして取っておくことも時には必要になります。


485_0.png

ヒードラン@拘り眼鏡
性格:控えめ
特性:貰い火
努力値:196-*-0-240-0-68
実数値:191-*-126-198-126-106

 ランドとの縦の並びを意識して入れました。パーティで重いハッサムやアローへの回答にもなってくれてます。
基本的には放射かラスカノしか打ちません。オバヒを打つのはどうしても対面ポケを処理しておく必要があるか、後ろが全く受からない場合ですね。悪波は羽休めアローに打ちやすいのとクレセに連打できることから採用しました。大地でもいいのですが、拘りで一貫性の薄い技を打つと容易に後続の起点になってしまうのでこの型では見送りました。
 HCにぶっぱするのではなく、少しSに割くことで、メガ進化後のHAヘラや無振りクレセなどの上を取ることができます。メガバナに関してもよほどドランを意識している奴(Sに割いて尚且つ地震持ち)でなければ大抵放射で確2取れるので対面で勝つことができます。
 ちなみにBW流用個体のため、めざ格個体となっています。


282-megaevol_2.png

サーナイト@サーナイトナイト
性格:控えめ
特性:トレース/フェアリースキン
努力値:0-*-4-248-0-252
実数値:143-*-86-237-155-152

このパーティのエース並びに唯一のメガ進化枠です。ハイパーボイスはさいつよ✌('ω')
9割がたハイボをぶっぱする性奴隷人形になっています。クレセドランを1匹で見ることができます。めざ地に関しては割りとこのポケモンではメジャーになってきているので、うかつにドランを後投げしてくることは減りましたが、クレセに関してはいまだにポンポン投げられるので、そういう人には挑発→ハイボ連打で成す術もなく倒していきましょう。
サイコショックはバナへの有効打そしてラッキーやニンフィアなどの特殊お化けに通るので非常に有用です。
挑発は身代わりなどとの選択になると思いますが、クレセに月光乱舞されてはこいつを入れた意味が薄れてくるので私の中ではこの技構成が結論です。電磁波自己再生持ちのポリ2などを封じれるのも強いですね。
基本的にメガ進化前提なのでトレースはただ単に相手の特性を見るためだけに使います。準速にすると最速の100族に確実に上を取られるのがたまに癪ですが、控えめの火力が癖になるので変えれません。

参考までにクレセドランへのダメージとしては、
◆ハイパーボイス
攻: メガサーナイト Lv.50
防: クレセリア Lv.50
ダメージ: 105~124
割合: 46.2%~54.6%
回数: 乱数2発 (58.2%) H252クレセに対して

攻: メガサーナイト Lv.50
防: ヒードラン Lv.50
ダメージ: 29~35
割合: 15%~18.1%
回数: 乱数6発 H212D44ドランに対して(たしか残飯ドランのテンプレ)

◆めざ地
攻: メガサーナイト Lv.50
防: ヒードラン Lv.50
ダメージ: 164~196
割合: 84.9%~101.5%
回数: 乱数1発 (6.3%) 同上

どちらも確定要素はないですが、かなりの高確率で打ち合いに勝つことができます。ランドのステロとも組み合わせればさらに確立が上がります。


286_2.png

キノガッサ@拘り鉢巻
性格:意地っ張り
特性:テクニシャン
努力値:12-252-4-*-4-236
実数値:137-200-101-*-81-120

 ステロを絡めていく高火力ポケモンを考えてたらこいつを思いつきました。XYになって胞子の通りが悪くなったため、いっそのこと胞子を切ってフルアタにすればいんじゃね?そんなら鉢巻でいいなってことでこうなりました。かなり強いです。
 技構成は確定のタネガンとマッパ。基本的にはこの2つを押します。相手がここは交代するだろみたいな場面には岩石封じを打ったりもします。テクニ鉢巻補正で岩石でも確2取れる奴が結構いたりもします。最後の馬鹿力はマッパでは倒せそうにないナットレイやポリ2に打ちます。この型の何より強いところは襷型だと思われていることから、経験上一撃耐えることができると踏んで居座ることが多いことです。そこを逃がさず葬る時の気持ちよさはたまりません。
 こいつもBWの流用個体です。Sは岩石一撃加えた後最速ボルト抜きです。元々はスカーフで使ってました。戦闘中のシュッシュッって感じでやるのかわいい。サナと同じくエース枠です。

与ダメ
◆タネマシンガン

攻: キノガッサ Lv.50
防: ロトム洗 Lv.50
ダメージ: 74~90
割合: 47.1%~57.3% HB特化水ロトム
3発当てればオボンあっても確定。

攻: キノガッサ Lv.50
防: ガブリアス Lv.50
ダメージ: 55~66
割合: 30%~36%  無振りガブリアス
当てる回数によっては落ちる。ただA200は逆鱗耐えないので注意。

◆マッハパンチ

攻: キノガッサ Lv.50
防: メガガルーラ Lv.50
ダメージ: 170~204
割合: 93.9%~112.7%
回数: 乱数1発 (68.8%) H4振りメガガルーラ
ステロ無しでも中乱数。ステロが絡むと確定。ここが一番重要

攻: キノガッサ Lv.50
防: サザンドラ Lv.50
ダメージ: 186~222
割合: 110%~131.3%
回数: 確定1発    H12振りサザンドラ
強い(確信) 襷だと一発耐えるので普通に居座ってくることもある

◆馬鹿力

攻: キノガッサ Lv.50
防: ナットレイ Lv.50
ダメージ: 270~318
割合: 149.1%~175.6%
回数: 確定1発  H252ナットレイ
余裕の確定1発。ちなみに希少種のHBナットレイでも確定で飛びます。

攻: キノガッサ Lv.50
防: ポリゴン2 Lv.50
ダメージ: 174~206
割合: 91%~107.8%
回数: 乱数1発 (50%) HB特化輝石ポリ2
前に一度ミリ耐えされたことがあったので計算してみたが乱数の神様が敵に味方しただけだった。



145_0.png

サンダー@ゴツゴツメット
性格:図太い
特性:プレッシャー
努力値:252-*-216-12-4-20
実数値:197-*-145-147-111-123

 私的には現環境ではパーティに1体電気ポケを入れておかないとなんだか落ち着かない(というのもアローやマリルリ・ギャラなどが猛威を奮っている状況にある)ため、そいつらを纏めて見ることができ、尚且つその他の物理ポケも見れるようにこのポケモンにしました。持ち物は現環境ならこの持ち物安定だと思います。
技構成もほぼテンプレにしてます。どれも使う場所はきちんとあるので改良の必要もないです。Bは余りに回して残りを調整しました。Sは準速ガッサ抜きにしていますが、実際はもう1ほど実値を増やしておくことをオススメします。最近数を増やしている最速ギルガルドと同速になっているため、同速負けすると毒みがまもで最悪負けます。Cの12はH252メガハッサムを熱風で確定取るためです。
 さすがは準伝説でした。めちゃめちゃ活躍してるので大好きです。


461_2.png

マニューラ@命の珠
性格:陽気
特性:プレッシャー
努力値:0-252-0-*-4-252
実数値:145-172-85-*-06-194

 パーティ唯一?の高速アタッカーです。環境のトップにいるポケモン達に強いのが魅力です。
メジャーポケ達に強く出るにはほとんどがステロダメか猫だまダメが前提になってはいますが、それらが入っていると、勝てるポケモンがかなり多いです。
ざっと挙げるだけでも、ガブリアス・メガガルーラ・クレセリア・ヒードラン・ゲンガー・ファイアロー・バンギラスなどなど。
ステロが絡むとこれだけのポケモンを見れることを知らずにこいつを舐めた選出をされることが多いので割りと活躍してくれます。
ただ耐久に関してはペラッペラなので注意。相手の先制技でいとも簡単に飛びます。

与ダメ

◆叩き落とす

攻: マニューラ Lv.50
防: メガゲンガー Lv.50
ダメージ: 166~198
割合: 99.4%~118.5%
回数: 乱数1発 (87.5%) H252メガゲンガー
高乱数。何か他のダメージが絡むと確定

攻: マニューラ Lv.50
防: クレセリア Lv.50
ダメージ: 133~156
割合: 58.5%~68.7%
回数: 確定2発 HB特化クレセリア持ち物補正有
これだけ見るとクレセも倒せる!と思われがちだが持ち物消えた後はダメージksなので後は他に任せよう

◆氷の礫

攻: マニューラ Lv.50
防: ガブリアス Lv.50
ダメージ: 177~218
割合: 96.7%~119.1%
回数: 乱数1発 (93.8%) 無振りガブリアス
最低乱数以外1発。猫だま礫で基本確定

◆桁繰り

攻: マニューラ Lv.50
防: メガガルーラ Lv.50
ダメージ: 143~169
割合: 79%~93.3%
回数: 確定2発
これだけだと確定耐え。ステロ+猫+桁繰りで確定



★選出パターン

・ランド+ドラン+サナorガッサorマニュ
基本的にランドランの並びでくるくる回しながら後ろでランドランで重い奴を見れる選出。これが一番多い。

・サナ+ドラン+マニュorガッサ
サナドランも結構縦の補完が優れている。ただガブやガルーラが重いのでマニュかガッサでどうにかする。

・ドラン+サンダー+マニュorガッサ
ゲンガーバナマリルリのような並びがこれで大抵なんとかなる。サザンガルドマリルリの場合はマニュをガッサに


こんな感じです。かなり長文になりましたが最後まで読んでくださった方ありがとうございました!




はいどーもー!
シーズン2も終わってシーズン3が始まりましたね。

私自身シーズン2は構築が迷走してました(笑)
結局最後の最後までこれといった構築は組めませんでしたが、意地で2000乗っけたのでその時の構築を書きます。

レート2000乗せた以外は特に結果を残していません、広告回避に必死なところは目を瞑ってください。。。


243_0.png645-therian_2.png
149_2.png212-megaevol_2.png
468_2.png658_0.png

・・・メガハッサムでかくないですか??wwww

 今回は先程も言ったように構築が迷走して個性のあるパーティが組めませんでした。
なので、やることが明確なステロ→全抜きをテーマに組みました。
もう知ってる方も多いと思いますが、このパーティでステロを撒くのはランドロスですね。
こいつに関してはムーバー解禁前から使うことを考えていたので正直起源主張してもよかったレベルでしたが、案の定既出でしたねw

 ステロから繋ぐ役には安定のカイリューハッサムの並びを選びました。どちらもそこそこの耐久力と抜群の抜き性能を持っているので使っててとても気持ちよかったです。
残りの面子はランドの隣には個人的にライコウを置いて雷虎・地虎みたいなことをしてみたかったのでまずそこが決定、変幻自在での高火力攻めがステロとも好相性と思いゲッコウガ、タイプが優秀で最後までワンチャンあるトゲキッスの採用に至りました。

-------------------------------------------------------------------------------


以下個別解説です。



243_0.png


●ライコウ@食べ残し (プレッシャー)
性格:臆病
努力値:220-*-0-0-36-252
実数値:193-*-95-135-125-183
技:10万ボルト/めざめるパワー氷/身代わり/瞑想

 XYになって一気に株が上がった準伝説
電気タイプに麻痺が入らなくなるという鬼仕様のおかげでこやつ、ボルトやロトム・ポリゴン2などのポケモンを問答無用で起点にできるようになりました。また、メガフシギバナに関しても、地震が無ければ起点にできます。(勝てるとは言ってない)
このパーティでの選出回数はさほど多くありませんでしたが、出した試合ではそこそこ活躍してくれました。相手の選択次第ではありますが、ギルガルドとの対面でも勝てたこともあったので使いやすいポケモンだと思います。
HSにほとんど努力値を割いていますが、物理面の耐久はお察しなので、特に連続技を持っているメガガルーラやメガヘラクロスには注意が必要。

-------------------------------------------------------------------------------

645-therian_2.png

●霊獣ランドロス@気合の襷 (威嚇)
性格:陽気
努力値:20-236-0-*-0-252
実数値:167-195-110-*-100-157
技:地震/岩石封じ/大爆発/ステルスロック

 構築の肝、単体性能の高さとステルスロック撒けるスペックが強み
91族という一つ飛び出たSからステロを撒いて後ろに展開していきます。
145というAから放たれる地震は後続の圏内に入れるのにも適しており、また威嚇で相手の物理を牽制できるため攻撃にサポートに万能なポケモンです。
大爆発は相手側の起点回避として採用しましたが、案外火力があって使いやすかったです。ここは叩き落とすにしてゴツメなどの有効アイテムを無効化してしまうのも手だと思います。
HPを167にしたのは陽気メガガルーラの恩返しのダメージが威嚇を考慮しないと最大166ダメだったため、一応これは超えておこうと適当に振りました。
この型にする上で最速は確定事項になります。仮に意地っ張りにしてもシールドギルガルドが地震で12,5%の低乱数なのでわざわざSを削る必要もないと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

149_2.png

●カイリュー@ラムのみ (マルチスケイル)
性格:意地っ張り
努力値:4-252-0-*-0-252
実数値:167-204-115-*-120-132
技:逆鱗/神速/地震/竜の舞

 抜きエースその1
こいつの強さは今更特筆するまでもないでしょう。
今世代はクレセの増加やフェアリーの登場で少し動きにくくなりましたが、依然として強さは健在です。
最悪神速打ってれば何かしらの削りはしてくれるのでやっぱり優先度+2は偉大ですね。
シーズン2でよく見かけたカバルカカイリューの並びでのカイリューは命の珠が多かったみたいですが、今回は竜舞前提
っていうわけでもないので、飛び交う鬼火や電磁波に強いラムを持たせました。
実際HBロトムなどと対峙した際にほぼ確実に鬼火から入ってくるため、安定して竜舞ができました。
性格に関しては陽気にすれば激戦区の奴らと同速が取れていいかもしれませんが、いじっぱにしても特に困ることはありませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

212-megaevol_2.png

●ハッサム@ハッサムナイト (テクニシャン)
性格:意地っ張り
努力値:236-212-0-*-0-60
実数値:175-194-120-*-100-93 (メガ進化後:175-216-160-*-120-103)
技:バレットパンチ/フェイント/叩き落とす/剣の舞
 
 抜きエースその2
メガ進化することで飛躍的に耐久が上昇し、剣舞が格段にしやすくなりました。
私としては、耐久方面に努力値を割いて、羽休めしながら積んでいく型と迷いましたが、今回は羽休めを採用せず代わりにフェイントを採用しました。電光石火でなくフェイントなのは優先度がフェイントは2であること、更には非接触であるためガブの鮫肌やゴツメに触れずにダメージを与えることができます。威力に関しては半減バレパンと同じであるため、足りないと感じる場面は多々ありましたが、使い心地はよかったです。
 HPはとりあえず16n-1まで振って、Sを準速ラッキー抜きまでにして残りを全てAにまわしました。叩き落とすは使ってて絶対泥棒の方がいいと思いましたが、せっかくの教え技なので変える勇気がありませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

468_2.png

●トゲキッス@オボンのみ (天の恵み)
性格:臆病
努力値:244-*-0-12-0-252
実数値:191-*-115-142-135-145
技:エアスラッシュ/マジカルシャイン/大文字/電磁波

 白い悪魔、妖精になって更に悪魔となった(?)
別にずるしたくて採用したわけではなくて、ガブリアスに重い構築だったので、メインウエポンを全て無効化できるキッスを採用するに至りました。
結果としてずるした試合は数多くありましたが、電磁波を撒いて後ろに繋ぐ、エアスラやシャインで削って後ろで倒すといった運用方法を目指しました。
技はほぼテンプレ通りいきましたが、シャインに関してはエアスラと範囲が被っている気がしないでもなかったので、ヒードランやガルーラにある程度の打点を持つ波動弾に変えたいなと思う場面がそこそこありました。
持ち物は持たせる道具がこれくらいしか見当たらなかったのでオボン、HPに振っているおかげでかなり耐久があるのでオボン圏内にギリギリ入らないことが割りと多かったです;いやまぁ悪いことではないんですけどね??
 ???「ギルガルドはエアスラから入ってブレードさらけ出させて電磁波読み突っ張りを文字で焼け」

-------------------------------------------------------------------------------

658_0.png

●ゲッコウガ@命の珠 (変幻自在)
性格:臆病
努力値:0-*-12-248-0-248
実数値:147-*-89-154-91-190
技:悪の波動/冷凍ビーム/草結び/めざめるパワー炎

 裏の抜き面子です。
変幻自在で常にタイプ一致で技を打てるこいつを活かせるのはやはり珠ゲッコウガだと思います。
こいつは私の中で技スペが5つ以上欲しいポケモンランキング堂々の一位だと思います。
今回は上記の4つにしましたが、ヒードランに打ちたいドロポンもしくは波乗り、バナや格闘に通る神通力、ちょい残しを確実に処理する水手裏剣や影討ちも喉から手が出るほど欲しかったです。
 悪波は安定のウエポンかつ怯み狙い(1回も怯ませたことはない) 冷Bは珠持てばなんと無振りマルスケカイリューを貫通します、草結びはヌオーに重かったこの構築上必須でした、最後のめざ炎に関してですが、メガハッサムは耐久にガン振りしてもほぼ確死、メガルカリオも一発で持っていく程度の火力を出せるため採用してみました。打つ回数の多さを考えると神通力でもよかった気がします。
こいつは人によって使う技がところどころ変わっているのが面白いですね。
(努力値振ってて思ったけどこいつH12振ったら実値149で珠効率よかったんじゃないですかね・・・)

-------------------------------------------------------------------------------

長くなりましたが、今回の記事は以上です。
シーズン3は大好きなシャンデラ使って楽しい楽しいポコットモンスターしようかなと考えてます。
最後まで見ていただきありがとうございました!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。