どうも。
3/23に山口市で行われた第2回クロ猫オフに参加してきた。
予選を5-1で突破、そのままトーナメントを勝ち抜いて悲願のオフ初優勝を飾った。
参加人数は14人だったがこれからどんどんオフに対する価値観が変わって参加する人が増えたらいいと思う。

それではその優勝に導いてくれたポケモンたちを紹介していく。

色シャンデラボルトロスカイリューハッサム 色キノガッサ色スイクン


・シャンデラ@食べ残し

性格:臆病

個体値:31-31-31-31-31-31

努力値:204-*-12-20-20-252

実数値:161-*-112-168-113-145

シャドーボール/呪い/身代わり/小さくなる


・ボルトロス(化身)@気合の襷

性格:臆病

個体値:31-30-30-31-31-31

努力値:4-0-0-252-0-252

実数値:155-121-90-177-100-179

10万ボルト/めざめるパワー氷/馬鹿力/電磁波


・カイリュー@ドラゴンジュエル

性格:陽気

個体値:31-31-31-*-31-31

努力値:4-252-0-*-0-252

実数値:167-186-115-*-120-145

逆鱗/神速/炎のパンチ/竜の舞


・ハッサム@ラムのみ

性格:いじっぱり

個体値:31-31-31-*-31-31

努力値:236-188-4-*-76-4

実数値:175-191-121-*-110-86

バレットパンチ/蜻蛉返り/アクロバット/剣の舞


・キノガッサ@毒毒玉

性格:いじっぱり

個体値:31-31-31-*-31-31

努力値:28-252-4-*-4-220

実数値:139-200-101-*-81-118

キノコの胞子/気合パンチ/マッハパンチ/身代わり


・スイクン@水のジュエル

性格:暢気

個体値:31-31-31-31-31-31

努力値:252-0-0-252-4-0

実数値:207-95-148-142-136-94

絶対零度/ハイドロポンプ/冷凍ビーム/吼える


■個別解説


 ・シャンデラ

161-*-112-168-113-145

見るからに対面構築、起点構築を思わせるこのパーティに突如組み込まれた枠。使うに至ったのは、一番好きなポケモンであることを掲げながらなかなか使わなかったため無理やりにでも入れた。ちなみに今回の個体は♂・・・
基本的にはボルトの電磁波サポートを受けて小さくなっていく害悪シャンデラ。このパーティならスカーフも十分に強いと思ったが、個人的にはこの型が一番強いと考えている。
当日は攻撃ウエポンにシャドボを採用したが、威力の関係と処理速度の速さから火炎放射の方がいいのかもしれない。ゴーストと炎じゃ範囲がかなり違ってくるため、一長一短といえばそれまでなのだが。


 ・ボルトロス

155-121-90-177-100-179

CSぶっぱの襷ボルト、抜群の安定性を誇る。
当然のことだが受け出しできる耐久を持っていないため、先発以外の選出は基本的にない。
襷のおかげで電磁波巻きの役割が果たしやすく、また技もなかなかいいのを持っているため今回の選出率も高かった。
10万めざ氷電磁波までは確定、残りの1枠を選択という形になると思うが、今回はバンギに打てて、なおかつドリュの起点にならない馬鹿力を採用した。範囲はこれでだいぶ広がったのだが、下降補正と無振りなせいがあって、H振りバンギを持っていくこともできず、一度ドランにも打ってみたのだがちょうど半分くらいしか入らなくて泣いたため打つ機会はごく稀。


 ・カイリュー

167-186-115-*-120-145

思考停止ASぶっぱの竜舞カイリュー
本当はいじっぱASカイリューでオフに臨みたかったのだが、1体持っていたいじっぱカイリューが謎の耐久調整を施していたため仕方なく陽気個体を使った。
持ち物は甘えたクレセやスイクンを許さない龍ジュエル。効果は1回だけに限られるが、2舞しないと火力が微妙に足りない、でも2舞するのは危険ってときに重宝する道具である。当日も活躍したがイマイチ覚えてない


 ・ハッサム

175-191-121-*-110-86

いわゆる地雷、ラムアクロとはなんだったのか。
元々鉢巻ハッサムとして使っていた個体を前日に技だけ変えて当日IN
HPは16n-1、Dを眼鏡ラティの流星1,5耐えまで振って残りをAに回したインスタント振り、Bとかに努力値を回しても強いと思うが、遂行速度の速さを求めたため、残りは全部Aに振った。
ラム→アクロの流れをオフで使うことは一度もなかったがラムが単純に働いたことは何度もあった。
しかし使っている本人がラムを持たせてることを自覚してなく、決勝でロトムが鬼火を当ててきたとき顔を真っ青にしていたのがとても恥ずかしい。
正直アクロである必要があるのかよくわからないが、ウルガにかなり重いこのパーティにおいて何かしらの対抗策として悪くは無いと思う。


 ・キノガッサ

139-200-101-*-81-118

テンプレの嵌め重視のポイヒガッサとは違い、遂行速度を重視したA特化ポイヒガッサ
どこかのブログの調整をパクったのだが、BDに4ずつ振るためSの実数値を1下げたため、同じようにパクった人とのミラーには勝てない。
基本的な動かし方については何ら他のポイヒガッサと変わりないのだが、相手が寝たらすかさず腹パンを繰り出すのがこいつの強み。Aぶっぱであるため火力がえげつない。
無振りガブリアスに80.3%~95%、B130のHぶっぱメタグロスにも60.9%~72.1%入る、これは化け物
マッパを入れることによってちょい残しの処理やカバドリへの性能を格段に上げることができる。
ゴーストが来たら焼き土下座。


 ・スイクン

207-95-148-142-136-94

久しぶりに使った零度スイクン。今流行りのHCジュエルドロポンスイクン
ここの枠は本来控えめねむカゴ瞑想スイクンを使いたかったのだが忙しくて周回できなかったため代用としてこいつを使った。
レートを本格的にやり始めてから命中率の安定というギミックを重視するようになったため、一撃必殺技をめっきり使わなかったのだが、今回オフの準決勝において初手こいつと相手ラッキーで対面、一発目の零度をぶち当てるファインプレーをした。その一発で何かを使い切った気がしたため、当分使わないだろう。
ジュエルドロポンは耐久に振っていない蝶舞ガモスを1舞からでも葬れる・・・があまり期待しないほうがいい。なんせ暢気だから。
本来はカバに打ちたい技であることを意識しておくこと。
ちなみに最後の枠が吼えるなのは何を血迷ったのか神速を切ってしまっていたから。


■選出メモ

シャンデラ 4/8
ボルトロス 7/8
カイリュー 1/8
ハッサム  5/8
キノガッサ 3/8
スイクン  4/8




スポンサーサイト

どうも。
3/2にかにくいてさんのコミュニティで行われたかに杯(2月分)で3位に入賞することができたので、書置き程度に使用構築を晒しておく。


色キュウコン色クレセリア色霊獣ランドロスポリゴン2色キノガッサ色スイクン



・キュウコン@ラムのみ

性格:臆病

個体値:31-*-30-30-30-30

努力値:36-*-8-240-0-224

実数値:153-*-96-131-120-162

大文字/めざめるパワー格闘/悪の波動/悪巧み


・クレセリア@ゴツゴツメット

性格:図太い

個体値:31-14-31-31-31-31

努力値:236-*-196-4-4-68

実数値:225-*-181-96-151-114

サイコキネシス/冷凍ビーム/月の光/電磁波


・ランドロス(霊獣)@食べ残し

性格:陽気

個体値:31-31-31-31-31-31

努力値:100-116-28-*-12-252

実数値:177-180-114-*-102-157

地震/打ち落とす/身代わり/ビルドアップ


・ポリゴン2(アナライズ)@進化の輝石

性格:生意気

個体値:31-31-31-31-31-31

努力値:244-36-68-36-124-0

実数値:191-105-119-130-144-72

恩返し/冷凍ビーム/放電/自己再生


・キノガッサ@気合の襷

性格:意地っ張り

個体値:31-31-31-*-31-31

努力値:4-252-0-*-0-252

実数値:136-200-100-*-80-122

キノコの胞子/タネマシンガン/マッハパンチ/剣の舞


・スイクン@カゴのみ

性格:図太い

個体値:31-14-31-31-31-31

努力値:252-*-180-4-4-68

実数値:207-*-173-111-136-114

熱湯/冷凍ビーム/瞑想/眠る


■個別解説


 ・キュウコン

153-*-96-130-120-162

もはや私のブログでは定番になっている悪巧みキュウコン。
最近はドランピンポのめざ地個体を採用していたが、今回はドランだけでなくバンギにも少なからず有効打を持てるめざ闘を採用するに至った。振り方も完全CS個体に変えた。ソラビじゃなくて悪波を入れているのはシャンデラに全く有効打がないため。


 ・クレセリア

225-*-181-96-151-114

晴れクレセの定番である物理受け特化クレセ。
ただめざ炎個体を採用せず、代わりに電磁波を採用。これは、後述するランドロスの積みやすさを助長するためである。
振り方に関しては昔育成した個体をそのまま使っているため、HPが225になってしまっている。
Sはここまで振っておくと案外抜ける奴も多い。


 ・ランドロス

177-180-114-*-102-157

今回のパーティの地雷?枠。スカーフ型の裏をかいたビルドランド
パーティ的にもスカーフ型だと警戒されやすいため、例えば拘りロックのために相手が守るを選択してきたときなどに身代わりを貼ればすぐさま起点ができあがる。また、前述のクレセを電磁波を受けて降臨すれば、さらに起点が作りやすいだろう。
配分に関しては、ながさんのブログのランドロスを参考にしたので、詳しいことはそちらに。


 ・ポリゴン2

191-105-119-130-144-72

今回の構築の選出率No.1ならびにNo.1の安定感を持つアナライズポリ2
鋼がいないこのパーティに出てきやすい特殊龍を形式上受けきることができる。
ラティオスと対面した際は眼鏡トリックをされることが多いが、その場合は眼鏡+アナライズ冷Bでラティが逝くため、実質役割は遂行したことになる。
また、炎の体で火傷を引かない限りは対面で恩返しを用いてウルガモスに勝てる。少しAに割いてあるのはだいたいのガモスを確二に取るため
放送で使っていて、アナポリは放電より10万の印象が強いといわれたが、威力が上がってなおかつ麻痺の3割がある放電も強いのではないかと考えている。特に私のような積み構築が多めのパーティには。


 ・キノガッサ

136-200-100-*-80-122

見るからに重いスイクンおよびカバドリへの回答
襷枠が余っていたのでこいつを採用したというのもある。自分より遅い奴の基本行動は胞子→剣舞→タネガンorマッパ。岩技がないのでウルガに対しては完全に土下座。
余った努力値を適当にHPに振ったら、4nになってしまったことを後悔している。


 ・スイクン

207-*-173-111-136-114

同じくカバドリへの回答。ガッサのお供といえばやっぱこいつ
調整に関しては完全にテンプレ。最近はウエポンを熱湯だけにして、当初冷Bだった枠に吼えるであったり、めざパであったりを採用することが多いが、めざパ個体を準備するのが難儀であるということと、明らかに龍を誘う構築であるため、その処理を迅速に行うべく冷Bを採用している。
最近この型のスイクンは減ってきていると個人的には感じているが、現環境でも十分息できる安定したポケモン。


■最後に

割りとテンプレに近くなったキュウコンクレセだが、ところどころにオリジナル要素を加えてある。
パーティ全体で動いてくれることが多いため、これからキュウコンクレセを作るって人には是非とも参考にしてもらいたい構築である。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。