最終シーズンということもあって、いつもより多めにレートをやりました。
久しぶりに2000到達したので、記録用に残します。

TN:むらかわりえ

最高最終レート:2008  計109戦 70勝39敗  494位


イヒッ



個人的に2メガ構築にして、相手に応じて選出するメガを変えるというのが苦手だったため、今回XYから一番使っているメガクチート1体にメガ枠を絞って選出の安定を求めた。
元々クチート自体の種族値が低いというのと、メガ枠を1体にすると、パーティ内での種族値平均が低下するため、取り巻きの種族値を少し高めに設定した。


↓↓以下個別解説、 順番は採用順。


303-megaevol_0.png


303-megaevol_4.pngクチート@クチートナイト

137(92)-172(252)-146(4)-*-116(4)-90(156)

アイアンヘッド/叩き落とす/不意打ち/剣の舞


今まで使ってきた個体の中で一番Sのラインを高くしたクチート。言わずもがなパーティのエース
S16において1位だった人の調整をそのまま使わせていただいた。

ここまでSをあげておくと、ミラー対決、マリルリやニンフィアといった対フェアリーにおいての勝率がグッと上がる。
クチートミラーで一度だけ素早さ負けした時はびっくりしたが、それ以外は全て先制した。
ちなみにミラー対面した時、こちらが取る行動は剣の舞一択。+1アイヘでHぶっぱメガクチートがぴったり確定で落ちる。

技構成としてじゃれつくを切っているところが特徴的である。じゃれつくを切って困る相手として挙げられるのが、

149_4.png373-megaevol_4.png445_4.png257_4.png635_4.pngあたりになってくるが、威嚇などを考慮せずに対面した場合にクチート側はこれらの誰にも勝てないため、じゃれつくを切る上では問題ないと判断した。結果として攻撃技の全てが命中100%になって一つ不安要素が減ったのと、アイヘにすることで有効になる相手も現れるため、非常に使いやすく選出率もダントツの1位だった。

耐久ラインはメガ後メガガルーラの親子愛炎のパンチ耐え
        メガ前眼鏡ニンフィアのハイパーボイス耐え




642_2.png


642_4.pngボルトロス@オボンのみ

借り物個体のため、実数値割愛、図太い個体

10万ボルト/めざめるパワー氷/悪巧み/電磁波


個人的にクチートの相方として一番適していると思っているポケモン。
地面耐性、先制電磁波による素早さ操作、クチートが苦手な相手に通りやすい特殊打点、これらが揃っているのはこいつくらいしかいない。

個体的には環境的に一番多いであろう物理受け兼悪巧みによる積み技要因。マンムーなどに強く出たいために草結びや気合玉が欲しくなったりもするが、欲しい技を4つ選んだらこの構成になった。




257f_0.png


257_4.pngバシャーモ@ラムのみ

156(4)-189(252)-90-*-90-132(252)

フレアドライブ/飛び膝蹴り/剣の舞/守る


飛び膝持ってるのになぜかHPが偶数になっている、圧倒的に奇数推奨。
ラムを持たせることで、ボルトロスやゲンガー、ゲッコウガといった初手に来やすいポケモンに強く、ガルーラにもうって出れる数少ないポケモン。
技構成も調整も特筆することはない。



473f_0.png

473_4.pngマンムー@こだわりスカーフ

185-182(252)-101(4)-*-80-145(252)

氷柱針/地震/氷の礫/岩雪崩


今回対電気枠として選んだやつ。
スカーフを持たせたのは、リザードンがとても鬱陶しかったというのが大きい。
それ以外にもガブリアス、ゲンガー、ボルトロス、場合によってはバシャーモといった厨パのメンツの上を取って攻撃できる。ガブリアスやランドロスと違ってスカーフが読まれにくい点も素晴らしい。

技構成は定番の氷柱針、地震にリザードンを倒すための岩雪崩として、@1枠を礫にしたが、礫は打つ機会がないため、安定しない氷柱針の補填として氷柱落としや馬鹿力推奨。




497_0.png

497_4.pngジャローダ@食べ残し

161(84)-*-115-116(168)-116(4)-180(248)

リーフストーム/めざめるパワー炎/蛇睨み/身代わり


ボルトロスと違って地面タイプにも麻痺をまけてクチートのサポートができ、こいつ自体もリフストによるアタッカーの役割を果たせる。
出すときは高確率で先発、もし出し負けたら蛇睨みだけまいて退場、有利対面ならリフストを積極的に打つ立ち回りでいた。
状態異常技を打たれることが多いことから身代わりを入れてみたところ、結構機能してくれることがあった。

リフストに投げられるナットレイを、リフスト→めざ炎の流れで倒すのが非常に気持ちよかった。



245_0.png

245_4.pngスイクン@ゴツゴツメット

非理想値のため割愛 図太い個体

熱湯/冷凍ビーム/瞑想/眠る


ゴツメ枠、全対戦の中で一度しか出していない見せポケ。
アローやバシャに対して投げれるポケモンがいないと、流れるように負ける試合が生まれるため、それを抑制するために採用し、あわよくばガルーラにも投げれればいいなと思ったが、ガルーラは十中八九秘密の力だったし、一度で必ずといっていいほど麻痺を引くため、その後の対戦で出すことはなかった。
カゴ個体の時と技構成を変えずにいったが、瞑想は間違いなくいらない。正直熱湯と冷Bがあればこいつは成り立つので、ある程度自由度は高いと思う。




苦手な構築は、受けループや害悪系統のパーティ。
受けループに関してはマンムーがスカーフなので出しづらく、グライオンが来るとすぐTODに持ち込まれる。
対受けループはグライが来ないのを祈りながら戦う、来なければ案外勝てる。

害悪系統はバシャがラムだったり、マンムーがいたりとある程度は電磁波や威張るに対するケアをしているつもりだが、その後メタモンにパクられるとこちらに受けられるポケモンがいないので試合終了。
そのようなパーティが来たら、物理ポケをなるべくメタモンにパクられないように立ち回る。


サンムーン楽しみですね。色々噂されてますが、なんだかんだ7世代もガッツリやりこみそうです。

誰かSM発売まで暇を潰すコンテンツ教えてください。


終わり
















スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。