上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


第5回クロ猫オフに参加してきました。
結果は予選を8-2でグループ1位通過、準決勝で中学生のkingerさんに敗れて3位でした。
小規模なオフである故に優勝目指してましたが最近ポケモンする頻度が減ってて構築も煮詰められなかったこともこの順位に直結したと思います。

 山口という偏狭の地でのオフであるため、都会のオフやレートのようなKPは期待できないと考えた。よって普段なら警戒しなければならないバシャサンダーやガブガルのような並びがいないと見切ってなるべく使いたいポケモンを軸に組むことにした。予想は的中しバシャとサンダーを使っていたのは私だけ、ガルーラのKPはなんと0となっており、正直意味がわからなかった。

 構築についてだがタイトルにもあるように5世代で有名だったノオーガブサンダーを組んでみることにした。また今回のメガ進化ポケモンには珍しいメガユキノオーを選んでみた。構築を見るにバシャがメガだと思われやすいため、かなり選出しやすかったようにも思える。
ちなみに個人的に自信のない構築であるため、解説は簡潔に行わせてもらう。

460-megaevol_2.png445_0.png
145_0.png212_2.png
257_0.png184_2.png



ポケモン性格技1技2技3技4持ち物
ユキノオー意地っ張りウッドハンマー氷の礫地震終結の氷雪ユキノオナイト
ガブリアス意地っ張り逆鱗地震ストーンエッジ毒突き拘りスカーフ
サンダー図太いボルトチェンジ熱風毒毒羽休めゴツゴツメット
ハッサム意地っ張りバレットパンチ蜻蛉返り馬鹿力燕返し拘り鉢巻
バシャーモうっかり屋オーバーヒート飛び膝蹴りWake Up Girls(氷)守る命の珠
マリルリ意地っ張りじゃれつく滝登りアクアジェット叩き落とす突撃チョッキ



460-megaevol_2.png

ユキノオー@ユキノオナイト
性格:意地っ張り
特性:防音→雪降らし
努力値:252-196-4-*-20-36
実数値:197-150(194)-96(126)-*-108(128)-85(55)

今回のメガ枠 後ろ姿が凛々しくてかっこいい
最初から技構成をこれにするつもりで意地っ張りでツモってもらったが前日くらいになって本来強く出れるボルトロスやガブリアスに対して氷の礫だけでは決定力不足に陥るため吹雪が欲しくなった。結果として吹雪はやはりあった方がよかった。ただ3位決定戦のときに明らか起点作りしに来たフワライドにエターナルフォースブ!をかませたのでそれだけで今回は満足

配分

D:209ヘドロ爆弾を最高乱数以外耐え

S:メガ進化前の状態でニンフィアなどに上から零度叩き込めるように


445_0.png

ガブリアス@拘りスカーフ
性格:意地っ張り
特性:鮫肌
努力値:0-252-4-*-0-252
実数値:183-200-116-*-105-154

大正義スカーフガブリアス 重要な電気無効枠
個人的に拘りのガブリアスは使いにくいと感じてるため、あまり採用したくはなかったのだがいざルカリオやライコウなどの早い奴が重いのも事実だったため、やむを得ずということで。
配分は思考停止ASぶっぱ 毒突きの枠は自由枠。構築組み終わった後に催眠に対する回答が何もないことに気づいたため寝言とかでもよかったかも


145_0.png

サンダー@ゴツゴツメット
性格:図太い
特性:プレッシャー
努力値:252-*-216-12-4-20
実数値:197-*-145-147-111-123

優秀な電気枠 相性の良さで物理受けする今では有名になったポケモン
オフではクチートやギャラをよく見た気がするため、選出率もそれ相応に高かった。
最近はめざ氷ではなくて専ら毒毒を採用されていると体感しているため私もそれにあやかって変えてみたが悪くない使い勝手だった。

配分
C: H252メガハッサムを熱風で確定一発

S: 準速70族抜き


212_2.png

ハッサム@拘り鉢巻
性格:意地っ張り
特性:テクニシャン
努力値:204-252-44-*-4-4-

今回一番強かったと感じるポケモン 高火力先制技 is GOD
一度メガハッサムの種族値の高さを実感するとなかなか普通のハッサムを使うことに抵抗を持つのだが今回は瞬間的な火力が欲しかった。結果としてこれは正解で、バレパンが予想外に強くて相手に戸惑われたり、とんボルチェンでサイクルを回したりと大活躍だった。

配分
B: A260インファイトを確定耐え
A: バレパンや蜻蛉での圧力が大事なのでぶっぱ



257_0.png

バシャーモ@命の珠
性格:うっかりや
特性:加速
努力値:0-140-0-172-0-196
実数値:155-158-90-167-81-125

ノオーに石を与えたということとノオーバシャって選出は普通にするんじゃなかろうかと考えた末珠での採用
ガルーラとの対面で一撃で倒せる奴がいなかったため、強力な格闘技を持つ意味もこめて入れてみたが先でも述べたようにガルーラが一匹もいなかったため、ここは当初考えてたリザYにしておくべきだと悟った。
メガのスペックの高さを知ってしまった今、通常バシャに強さを感じなくなったため、選出は控えめだったはず。

配分
A: 余り
C: めざ氷で無振りガブリアス確定一発 
  オバヒでH252ギルガルド確定一発
S: 非加速下で最速バンギラス抜き


184_2.png

マリルリ@突撃チョッキ
性格:意地っ張り
特性:力持ち
努力値:124-252-4-*-20-108
実数値:191-112-101-*-103-84

今回の選出率No.1ポケモン 竜格闘悪あたりの一貫切りの役割
当初考えてたブルンゲルというポケモンがただでさえ一貫してるサザンドラを更に動きやすくしてるとこがあったため、6世代のスタンパとしてフェアリー枠は必要だと考え採用した。
持ち物はタイマン性能が格段に上がるチョッキ。メガゲンのヘド爆やボルトの10万も確定で耐えるため非常に使いやすかった。またチョッキマリルリといえばHAベースが基本であったが、最近はニンフィアやポリ2、クチートなどの増加によってこいつらを抜くSを確保しておきたかったため、ここまでSのラインを上げたがこれは大正解だった。オフで数回ニンフィアに当たった試合で全て上からじゃれつくを叩き込んで○すその姿はまさにうさ耳天使。
みんなもこれからチョッキマリルリを使う際はSにガッツリ割くことをおすすめする。

配分
H: 16n-1
A: ぶっぱ
S: 鉢巻ガブの地震耐えしてるニンフィア抜き(テンプレは実値83)


■選出パターン
これといったのは決まってなく、相手のパーティによって毎回形を変えている。


■オフでの選出率 (すいません、1試合目の選出を覚えていないので実際の試合数より1試合少ないです)
ユキノオー 7/12
ガブリアス 5/12
サンダー 5/12
ハッサム 6/12
バシャーモ 3/12
マリルリ 9/12

XY下でオフ出るのは多分これが最後だと思うんでORAS下のオフでまた会いましょう

追記:メガバナの突破手段が何もないため絶対に真似しないでください

終わり


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2014年秋アニメ個人的キャラ10選

【XYシングル】ポリ2クチート

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。