上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


期末試験終了に際して、新しいパーティを育成してみた。
九尾杯の結果は3-3の予選落ちだったが、煮詰めればかなり強い構築になりうると考える。

ちなみに今回の構築は、第25回シングル厨のつどいオフで優勝されたなつめさんのパーティを参考にさせてもらいました、ありがとうございます!


色バンギラス色ローブシンボルトロス色ハッサム色ウルガモス色スイクン


・バンギラス@オボンのみ

個体値:31-31-31-31-31-31

性格:意地っ張り

努力値:252-12-0-0-244-0

実数値:207-171-130-103-151-81

噛み砕く/追い討ち/岩雪崩/大文字


・ローブシン@ラムのみ

個体値:31-31-31-*-31-31

性格:慎重

努力値:212-20-132-*-108-36

実数値:207-163-132-*-108-70

ドレインパンチ/マッハパンチ/冷凍パンチ/ビルドアップ


・ボルトロス@ゴツゴツメット

努力値:31-2-30-31-31-31

性格:臆病

努力値:100-*-56-100-0-252

実数値:167-*-97-158-100-179

10万ボルト/目覚めるパワー氷/電磁波/挑発


・ハッサム@拘り鉢巻

個体値:31-31-31-*-31-31

性格:意地っ張り

努力値:236-156-36-*-76-4

実数値:175-187-125-*-110-86

バレットパンチ/蜻蛉返り/燕返し/電光石火


・ウルガモス@虫のジュエル

個体値:31-30-31-30-30-31

性格:控えめ

努力値:116-*-20-16-152-204

実数値:175-*-88-172-144-146

虫のさざめき/火炎放射/目覚めるパワー地面/蝶の舞


・スイクン@食べ残し

個体値:31-14-31-31-31-31

性格:臆病

努力値:236-*-4-4-12-252

実数値:205-*-136-111-137-150

熱湯/身代わり/瞑想/吠える



■個別解説


・バンギラス

207-171-130-103-151-81

ラティオス、クレセリアならびにその他の超ポケを見るための枠
噛み砕くと追い討ちを両立しているのは、上記の2体を確実に狩っていくため。
バンギローブの並びをまわしていく上でエスパーは逃がさずこいつで葬る役割を担ってくる
配分はHDほぼぶっぱ、Aを12振ったのは、155-101ラティオスを逃げ際追い討ちで確一とするため
相手の雨やら晴れやら別天候になるべく多く出していけるように持ち物はオボン
岩雪崩の枠を冷Pといまだに迷っているが、これまた一長一短。カイリューやガブリアスに有効打としての冷Pであり、範囲も他の技とあわせてかなり広くなる。しかし、対ウルガモスを一撃で持っていけないことにより逆に打ち負けてしまうこともあり、また雪崩を欲する場面が予想外に多かったため今はとりあえず雪崩を採用している。
お互い範囲が似ているので、ここは各自の選択になるだろう。
大文字は役割破壊程度、主にエアームドに打っていきたい。ハッサムは無振りのSが負けているので打ちにくい


・ローブシン

207-163-132-*-108-70

マンムー、キノガッサ、バンギ、カバドリなどを見る枠
上記のポケモンはバンギが苦手とするため、これぞバンギローブの相互補完であるといえる。
慎重個体で控えめグドラの眼鏡流星を確定耐えするとこまで振ったが、後々聞いた話では、腕白で同じ実数値までBを振って残りを全部Bに回せばDの実数値が110になることが判明、完全ににわかである。
そのBのラインは陽気ドリュの地震2耐えなどのラインとなっている。
ハッサムの鉢巻燕も余裕で1耐えするため高水準であるといえる。
持ち物がラムなのはこのパーティ唯一の催眠対策であるのと、スイクンなどと対峙した際に熱湯の火傷を一度だけでもごまかすため。カバの欠伸ループもこちらのSが抜いていれば強い。「抜いていれば」
特性は鉄の拳。この特性のおかげでAに努力値を割く必要がないのは助かる


・ボルトロス

167-*-97-158-100-179

流行りのゴツメボルト、神速ぶっぱしてくるカイリューに強い
しかし、返しのめざ氷で落ちないことが判明してしまい、正直まだ真の強さに気づけないでいる。
それでもゴツメでのダメージソースはこいつだけの殴り合いだけでなく、後続が処理しやすくなる利点を持つ
電磁波と挑発の両立は攻撃技の範囲を圧縮してやりにくいと思われがちだが、どちらも使う場面が多い現状がある。
地面がいないパーティには積極的に電磁波を打っていけるし、明らかな耐久ポケには挑発を打つことで行動停止を誘える。あまり得策ではないが、この麻痺で運ゲに持ち込むことも可能である。
積みの起点を作りに貢献できるのも電磁波挑発両立の強みであるといえる。


・ハッサム

175-187-125-*-110-86

安定の鉢巻ハッサム。バレット石火での最終処理役
少し前までは催眠対策として寝言を採用していたが、拘る寝言の使いにくさを改めて痛感したため、このパーティが苦手とするウルガモスやボルトロスに一貫できる石火を採用した。
Dはラティオスの眼鏡流星1,5耐えのお決まり調整、Hは16n-1、Aは11nと綺麗な数字にしたが、特にこれといった意味はない。こいつは鋼の割りにB耐久が脆い印象があるため、Bに努力値を割けば使いやすさも増すのかもしれない。


・ウルガモス

175-*-88-172-144-146

割りと重めのクレセドランへの回答、安定のめざ地
対面でラティに勝てるように眼鏡ラティの流星確定耐え、持ち物は返しのさざめきでラティ確定で落とせ、更にHDバンギの後出しを許さない虫ジュエル。
放射は命中率安定のギミック重視で入れたが、ちょい残しが多すぎてお話にならないことも多々あるため、大文字も十分あり
Sは80族抜きまで、メジャーな調整すぎて対策されやすいがこれ以上振るとなると臆病にした方がいい。
Dに努力値を割きすぎてBが薄くなってしまっているため、いじっぱガブの逆鱗がかなりの高乱数で落ちる…


・スイクン

205-*-136-111-137-150

一応対耐久ポケモンへの回答
身代わりが地球投げを確定で耐えるHP205、しかし守るを搭載していないため身代わりを5回貼ることができないのが難点。
対して相手の積みポケもこちらのスイクンを起点にしてくるため、それを回避するための吠える搭載
実際は1-1で積みあいになることが多いため、あまり使う場面はない。よって守るとの選択にしてもよいかと
吠えるの積み合いからのドヤ顔勝利と、ノイクンとしての本来の役割を果たすための守る、どちらも一長一短であるといえる。



九尾杯で使用していて感じたのは驚くほどの電気の通りのよさ。
負けた試合の中には、10万を打たれているだけで終わった試合もあったため、電気対策は割りと重要になってくるかと思う。ボルトロス、ライコウ、サンダーなどの高火力電気は特に注意すべきである。
あとはガモスにも厚そうに見えて実はとても薄い。一舞されると今は虫ジュエルが多いため、バンギですら簡単に持っていかれる。
結局どのパーティを組んでもガモスには重くなる傾向がある。何が言いたいかってウルガモスは消えてくれ(使ってる)




スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

【シングル構築】トレーニングジム【2月分かに杯3位】

【シングル構築】停止不可激進赤蟲

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。